週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3DMarkではRadeon RX 6400&GeForce GTX 1650超え

Arc A380搭載グラボを徹底検証!インテルのエントリーゲーマー向けdGPUの現状性能は?

2022年09月18日 09時00分更新

 次に試したタイトルは「Back4Blood」。画質は「中」、アップスケーラーはオフとした。シングルプレイヤーモードでゲームを始め、プレイヤー拠点マップで一定のコースを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」で計測した。APIはDirectX 12とDirectX 11が選択できる。

Back4Blood:DirectX 12、1920x1080ドット時のフレームレート

Back4Blood:DirectX 11、1920x1080ドット時のフレームレート

 このゲームの場合、APIによって性能の序列が大きく入れ替わることはなかった。トップはRadeon RX 6400、僅差でGeForce GTX 1650と続き、その13%~15程度下にArc A380という序列だ。しかし、最低フレームレートはDirectX 12ではArc A380が3位なのに、DirectX 11では首位まで引き上がっている点が実に興味深い。

 次は「Tiny Tina's Wonderlands」の出番だ。画質は「中」とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用してフレームレートを計測したが、最低フレームレートはログファイルから算出している。APIはDirectX 12とDirectX 11。

Tiny Tina's Wonderlands:DirectX 12、1920x1080ドット時のフレームレート

Tiny Tina's Wonderlands:DirectX 11、1920x1080ドット時のフレームレート

 Arc A380の平均フレームレートはDirectX 12よりもDirectX 11のほうが高いものの、最低フレームレートではDirectX 12のほうが高い。そのため、カクつき感を抑えるという点においては、現状ではDirectX 12のほうがArc A380にとっては良いAPIと言えるだろう。また、DirectX 12ではRadeon RX 6400に勝利し、GeForce GTX 1650にわずかに届かずといったところも好印象だ。

 最後は「Sid Meier's CIVILIZATION VI」だ。DLC「Gathering Storm」を組み込み、画質はプリセット「中」+「MSAA x4」に設定。ゲーム内ベンチマークのグラフィックベンチマークを実施し、結果からフレームレートを算出した。このゲームもDirectX 12とDirectX 11が選択できる。

Sid Meier's CIVILIZATION VI: Gathering Storm:DirectX 12、1920x1080ドット時のフレームレート

Sid Meier's CIVILIZATION VI: Gathering Storm:DirectX 11、1920x1080ドット時のフレームレート

 Arc A380のパフォーマンスは首位に輝いたRadeon RX 6400の67~76~%程度。ここまでの結果から、「現時点における」Arc A380はゲームエンジンとの相性(最適化度)によって大きなバラツキがあり、タイトルやAPIによって得手不得手の差が非常に大きいGPUと言える。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう