週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3DMarkではRadeon RX 6400&GeForce GTX 1650超え

Arc A380搭載グラボを徹底検証!インテルのエントリーゲーマー向けdGPUの現状性能は?

2022年09月18日 09時00分更新

APIが選択できるゲームで追検証してみた

 Arc A380はReSizable BARを要求する点から、DirectX 12やVulkanといった「モダンなAPI」にフォーカスを合わせたGPUのように思える。しかし、実際のゲームで検証してみると、MONSTER HUNTER RISEのようにDirectX 12でもいまいち実力が発揮できなかったタイトルもあり、Apex LegendsのようにDirectX 11でも善戦しているものもある。

 そこで、ここからはAPIを選択できるゲームを使って検証してみよう。まずはVulkanとDirectX 11で選べる「Rainbow Six Siege」。画質は「中」とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用してフレームレートを計測した。

Rainbow Six Siege:Vulkan、1920x1080ドット時のフレームレート

Rainbow Six Siege:DirectX 11、1920x1080ドット時のフレームレート

 初手からいきなり面白いサンプルを引いてしまった感がある。VulkanではFPSゲームで求められる十分な水準の性能になったが、DirectX 11ではライバルに3倍近い差をつけて大敗した。この結果はAPIごとの最適化が不十分なことを示唆しているが、単純にArc A380のアーキテクチャーとドライバーの設計が、このゲームのDirectX 11下の処理と噛み合っていない可能性もある。

 続いては「Fortnite」で検証する。画質は「中」に設定し、マップ「TILED TOWER BENCHMARK(6797-9028-0857)」におけるフレームレートを「CapFrameX」で記録した。APIはDirectX 12とDirectX 11の2通りだ。

Fortnite:DirectX 12、1920x1080ドット時のフレームレート

Fortnite:DirectX 11、1920x1080ドット時のフレームレート

 Arc A380のAPIごとの特性を調べるはずが、思いがけずRadeon RX 6400のDirectX 12における著しい性能低下を発見する結果に。つまり、APIによって性能が大きく変わるという現象は、Arc A380のみならず、ほかのGPUでも十分起こり得るということだ。一方、本筋のArc A380も、DirectX 12ではGeForce GTX 1650の9割程度の性能だが、DirectX 11になると大きくフレームレートが下がることがわかった。

 やはり現状、Arc A380でAPIを選べるゲームを遊ぶ場合、ちょっと調子が悪いなと思ったら切り替える必要がありそうだ。もちろん、こういった大幅な性能下落は最適化が進むと解消されがちな問題なので、いつのまにかこの傾向が変わる可能性も大いにありうる。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう