週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3DMarkではRadeon RX 6400&GeForce GTX 1650超え

Arc A380搭載グラボを徹底検証!インテルのエントリーゲーマー向けdGPUの現状性能は?

2022年09月18日 09時00分更新

 次は「MONSTER HUNTER RISE」で試す。画質は「中」で、マップ「大社跡」を大きく1周する際のフレームレートを「CapFrameX」で計測した。

MONSTER HUNTER RISE:1920x1080ドット時のフレームレート

 描画負荷の軽いゲームなので、iGPUでもそこそこ遊べるタイトルだが、Arc A380はインテルUHDグラフィックス770の19~22fps上程度で、GeForce GTX 1650やRadeon RX 6400に大きく差をつけられた。このゲームではとりわけ本来の実力が出ていない印象だ。ゲームの最適化の違い、と言えばそれまでだが、それにしても落差が激しすぎる。このゲームは(日本の)インテルもArc搭載ノートPCのアピールに使っていたくらいなので、相性がダメ、ということはないと思うのだが……。

 やや負荷の重い「Forza Horizon 5」でも試してみよう。画質は「中」とし、ゲーム内ベンチマークを再生中のフレームレートを「CapFrameX」で計測した。

Forza Horizon 5:1920x1080ドット時のフレームレート

 トップはRadeon RX 6400だが、これはForza Horizon 5がAMD GPUと非常に相性の良いゲームのため。Arc A380はRadeon RX 6400の約77%程度のフレームレートで、GeForce GTX 1650にも負けた。もちろん、全然遊べるレベルの成績ではあるが、こちらも最適化が進んでいない印象ではある。

 最新タイトルにおける性能はどうか、ということで「Marvel's Spider-Man Remastered」も試してみよう。画質は「中間」とし、レイトレーシングやアップスケーラー(DLSS/FSR/IGTI)は無効にした。屋外マップにおける一定のコースを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」で計測した。

Marvel's Spider-Man Remastered:1920x1080ドット時のフレームレート

 このタイトルはRadeon RX 6400の性能が著しく低くなった。おそらく、PCI Expressリンクの細さ(4.0×4接続)やメモリーバス幅の狭さ(64bit)など、足回りの細さが影響していると思われる。1位はGeForce GTX 1650だが、Arc A380は勝てないまでも善戦していると言っていい結果だ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう