2011年05月14日12時00分

気にならないと言ったらうそになる!

【トゥギャッター通信】第26回 「ナルナル詐欺と文豪」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 トゥギャッターのまとめの中から「これは!」という注目のトゥギャりを厳選してピックアップ。今週の見所は、「漫画家ナルナル詐欺」についての漫画家先生たちのコメントや文豪や文学作品にちなんだイッキコールなどなど、ツイッターでみんなが盛り上がった話題をまるっとチェック!

トゥギャッター通信:トゥギャッたん

 

文学×イッキ、異色のコラボ

 Twitterに集う文学好きの本気を見られるのが、この“文豪イッキコール”というまとめ。「李徴さんの、虎になるとこ見てみたい♪ そーれ、1・2・3、ゲッキ! 1・2・3、ゲッキ!」(中島敦『山月記』)や「『修道士のー、ちょっと堕落したとこ見てみたい!』『ガルガンチュア!』(チャチャチャ)『パンタグリュエル!』(チャチャチャ)」(フランソワ・ラブレー『ガルガンチュワとパンタグリュエル』)といった具合に、本好きならニヤリとしてしまうネタが満載だ。

 現在も“#bungoh_ikki”のハッシュタグを付けて、新作の投稿が続いているので、継続してチェックしておきたい。なお、一気飲みは急性アルコール中毒を引き起こす可能性もあるので、くれぐれもお酒に弱い人に無理強いするのは厳禁だ。

【書籍・音楽・趣味】
Togetter:文豪イッキコール-まとめ

【トゥギャッター通信】第26回 「ナルナル詐欺と交通警察」

 

iPhone、勝手にパケット上限の謎

 今週、ネットでは、iPhoneのパケット通信料について、ソフトバンクが総務省から行政指導を受けたことが話題になっていた。iPhoneは、ユーザーが何も操作しなくても、新着メールのチェックやプッシュ通知の受信などを裏で実行している。この通信でパケットを消費するため、たとえ2段階定額プランを選んで何も使わなくても勝手に料金が加算されて上限に達する、という話だ。総務省は、原因の究明と広告表示の適正化を指導した。

 このニュースを受けてTwitterでは、かつて子供が同じ問題に遭遇したという方が当時を振り返っていた。勝手にパケット料金が上がることを検証し、カスタマーサポートに電話したらクレーマー扱いされたため、iPhoneを破壊して解約したという。

 ソフトバンクモバイルは10日、2段階定額を使っているiPhoneユーザー(iOS 4.0以上)に対して、定額料の下限額(1029円)を1ヵ月分無料にすると発表している。該当する人はこちらのページから返金を申し込めるので申請しておこう。

【ニュース・時事】
Togetter:ソフトバンクに申す!

【トゥギャッター通信】第26回 「ナルナル詐欺と交通警察」

 

“ねずみ取り”への疑問に賛同の嵐

 違反するつもりじゃなかったのに、標識が見えにくい位置にあったので一時停止しなかった──。車やバイクで不慣れな道を運転していると、交通ルールを意図せずに破ってしまうことがある。ただ、現場に警察が待ち伏せしていて、狙ったかのように反則切符を切られたとなると、「最初から見える位置に標識を置いてくれればいいのに」と納得できない人のほうが多いはず。

 ITジャーナリストの林信行さんは、たまたま同乗していた車がこのケースで切符を切られたことを目の当たりにして、「間違え多いのわかってたら、そこで見張るんじゃなく間違え起きやすいと報告し標識など工夫した方が世のためでは?」とTwitterでつぶやいていた。この意見には多くの人が賛同。中には国土交通省の『標識BOX』宛に意見を送ることができるとアドバイスする人もいた。同じ疑問を感じる人は行政にフィードバックしておこう。

【社会・国際・経済】
Togetter:交通警察が運転を間違えやすい場所で見張る行為について

【トゥギャッター通信】第26回 「ナルナル詐欺と交通警察」

 

ナルナル詐欺の処方箋

 誰しも子供の頃には、憧れた職業がひとつやふたつあるはず。しかし、思いと現実は別モノで、スポーツ選手や歌手、漫画家などは、本人がいくら“ナルナル”と思っていても才能や運がなくて実現しない可能性もある。

 今週、Twitterにいる漫画家たちの間で、朝日新聞の人生相談「悩みのるつぼ」が絶賛されていた。回答者は作家の岡田斗司夫さんで、「漫画家になる」と言って聞かない高校生の孫に困るおばあちゃんに対して的確にアドバイスをする内容だ。漫画家になりたい人、もしくはなりたい人が身近にいる人は、先生たちの反応も含めて読んでおくと目からウロコだろう。

【アニメ・ゲーム・マンガ】
Togetter:悩みのるつぼ「漫画家にナルナル詐欺」に対する漫画家先生の感想

【トゥギャッター通信】第26回 「ナルナル詐欺と交通警察」

 

大喜利“○○でも○○するレベル”

 少し前、ネットでは、2ちゃんねるの雑談板“ニュース速報VIP”で生まれた“「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」的なフレーズを考えるスレ”というスレッドが話題になっていた。要するにあり得ないことを意味する言葉で、「クレアおばさんも鍋ぶちまけるレベル」や「安西先生すら諦めるレベル」といった類似語も投稿されていた。

 この“○○でも○○するレベル”というテンプレートを、数学者や哲学者に当てはめたのが本まとめ。「ブラウワーでも背理法使っちゃうレベル」や「ニーチェでも神頼みしちゃうレベル」といったネタに興味を持ったら、要全文チェックだ。

【ネタ・お笑い】
Togetter:「~でも…するレベル」数学者/哲学者編

【トゥギャッター通信】第26回 「ナルナル詐欺と交通警察」

 

次点のトゥギャり

 そのほか、今回紹介しきれなかった興味深いトゥギャりをリンクでどうぞ。とぅぎゃつうが好きな人は、こちらも楽しめるかもしれません。

【ニュース・時事】
Google I/O 2011 1,2日目のトゥギャりを更にトゥギャってみました #io2011j

【コンピュータ・ネット】
iPhone用ゲームを作りたい! けど、どうすれば?

【社会・国際・経済】
ボランティア覚え書き

【テクノロジー・サイエンス】
世界に誇るべき日本の食文化はもしかして異常なんじゃね? 

【雑談・語り】
「橋の下に捨てられていた子供」に関するツイートまとめ

 
協力:Togetterトゥギャッたん

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking