2012年10月26日21時00分

『カオスだもんね!』ミズグチ画伯が“焼き鳥屋ミズちゃん”を開店!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 さて今回は、前回試飲したカオスチームの梅酒に合う、酒の肴を求めてアカザーさんの友達のお店に。

 もともとアカザーさんが梅酒を漬ける際に「ウイスキーで漬けるとうまいよ」とアドバイスしてくれた人らしいです。

 やって来たのは吉祥寺にある『天壺』という焼き鳥屋さんです。正確には博多串焼き屋さんらしいです。

20121026saku

 今回は、お店開店前の仕込み時間に取材を受けていただきました。

 しかも、焼き鳥の串打ちと焼き作業も体験させていただけるとのこと。なので、焼き鳥屋経営に興味があるミズグチさんは興奮気味でした。

20121026saku
20121026saku

 店内は広すぎず狭すぎずな感じのちょうど良い広さ。

20121026saku

 まずは店長の馬場さんにあいさつ。その後、さっそく焼き鳥づくりの作業に。

20121026saku

 さっそく手を洗い、鶏モモをまな板に。最初に馬場さんがお手本を見せてくれたのですが、その包丁さばきが実に見事。

20121026saku

 あまりに普通にやってしまうので、そんなに難しくないようにも見えたんですが……。

20121026saku

 ミズグチさんが同じことをやってみると、当たり前ですがやっぱりうまくいきません。鶏モモの皮を取る行程だけ見ても、プロとの差は歴然。とはいえ、それでも何とか鶏モモを4等分し、さらに一口サイズに裁くミズグチさん。

20121026saku

 続いて、串打ちの作業に入るわけですが、これにも若干コツがあり、手元は若干小さめの肉を挿し、串の先に行くほど少しずつ大きくしているのだそうです。そして串打ちが完了した時点での重さは「だいたい34グラムぐらいで……」とか言いながら、本当にジャスト34グラムが表示されたので驚きました。

20121026saku

 それを見たうえで、ミズグチさんも串打ちに挑戦したのですが、やはりここでもプロと初心者の差が。

20121026saku

 明らかにどっちミズグチさんの仕込みかわかっちゃう感じですが、この辺はやはり経験値を積んでいくことで、形も整っていくんだろうなぁという感じでした。

20121026saku

 串打ちが終わったらいよいよ焼き作業。

 焼き台に火が入ると、厨房にも少しずつ熱気が。台の上に焼き鳥を置いていき、表裏を丁寧に焼いていきます。ただこのとき、串打ちの形が悪いと回転してしまい、同じ面ばかりが上を向いてしまうので調整棒を使って、そうならないようにするのがコツだとか。

20121026saku

 案の定、ミズグチさんが串打ちした焼き鳥は回転しがちだったので、調整棒が大活躍。それでも回っちゃう串は別の焼き鳥にもたれかかる感じで、何とかうまく焼けました。

 そして最後に味付け。天壺ではタレ味はなく塩味のみ。なので、その塩の振り方がとても大事なのだとか。やり方は独自にブレンドした塩を指でひとつかみ取り、先端を強めに振り、手元に行くほど弱めにしていくのがポイントだそうです。

20121026saku
20121026saku

 そんなわけで、苦労しつつもなんとかミズグチさんの焼き鳥が完成!

20121026saku

 焼きたてがうまいのでさっそくみんなで食べてみたわけですが、これが妙に美味しかったです! 塩加減もバッチリ、形は多少不格好でしたが味に遜色なし。当然、梅酒にもバッチリ合いました。

20121026saku

 アカザーさんはここに来て、今日クルマで来たことを後悔してましたが、食べ出したら勢いは止まらず、あっと言う間に完食してしまいました。

 ミズグチさんも『焼き鳥ミズちゃん』開店への手応えを、少しだけ掴んだようでした。

20121026saku

天壺(外部リンク)

 ミズグチ画伯の焼き鳥屋体験レポートは、週刊アスキー11/6号(10月23日発売)の『カオスだもんね!PLUS』をチェック!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking