週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

野菜不足を気にして「野菜たっぷり」をデリバリーしたところ……!

名前に偽り無し!リンガーハットの「野菜たっぷり皿うどん」たっぷり過ぎて苦しくなるほど

2021年07月07日 10時30分更新

 こんにちは! おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター“やまお”こと山口真央です。

 最近お肌の調子などからひしひしと感じる“野菜不足”。野菜は好きなのでなるべく摂ろうと意識していますが、どうしても1日に必要な野菜量に届かないことも。かといって、野菜ジュースに頼るのもなんか好きじゃない。あと数年でアラサーに突入するやまおは、健康にも気を使えるレディでいたいところです。ああ野菜欲が止まらない!

 「野菜たっぷり」をうたうメニューは世にたくさんあれど、本当に私の野菜欲を満たしてくれるのでしょうか??

 あ、これ、間違いないやつ。「リンガーハット」「野菜たっぷり皿うどん」。最初にお伝えすると、このメニュー、胃下垂の私をもうならせるボリューム感なんです……!

野菜不足を解消!? リンガーハットの「野菜たっぷり皿うどん」をデリバリー

「リンガーハット」はUber Eats対応。「長崎ちゃんぽん」や「皿うどん」をデリバリー注文できます ※画面はUber Eatsから

 リンガーハットは言わずとしれた長崎発祥のちゃんぽん麺チェーン。代名詞でもある「長崎ちゃんぽん」をはじめ、「皿うどん」などのメニューを展開しています。以前の連載でもお話したとおり、私のルーツは九州! 幼いころから九州生まれの父に連れられ、よく食べに行っていました。

「野菜たっぷり皿うどん」(Uber Eats価格1100円)

 お店ではシンプルな「皿うどん」をよく選んでいましたが、今回「Uber Eats」で“野菜たっぷり”とついた皿うどんを注文。デリバリーで皿うどん、どのようなかたちで届けてもらえるのかと気になっていました。実際に届いたのがコチラ。容器は2段構成で、上段に野菜たっぷりのあんかけ、下段にパリッと上げられた揚げ麺が入っています。

野菜たっぷりです!

 これでもかと言わんばかりに野菜が入ったあんかけは、もやしやニンジン、白菜がどっさり。デリバリーだから、少し冷めちゃっていてもしょうがないかな……くらいに構えていたのですが、思った以上にアツアツで届きました! 口に入れるときは舌がやけどしそうなレベルだったので、猫舌のみなさんはご注意くださいね。

卓上にある調味料一式がついてきます

 セットになっていたのはしょうがドレッシング、柚子胡椒ドレッシング、皿うどんのたれ、練りからし。自宅で皿うどんを楽しむときは、マストでお酢をかける私ですが、リンガーハットの柚子胡椒ドレッシングは本当にさわやかで大好きです。お酢より断然こっち派。

麺の上にあんかけをかけていただきます

 麺は細めでパリッパリに。そのままのパリパリ感も、あんかけをかけてしばらくたった後のしんなり感も大好きです。みなさんはどちらがお好きですか……?

野菜が多すぎて麺が見えない……!

 麺にあんかけをかけたものがこちら!! 麺があんかけに完全に隠れてしまうほどのあんかけ量です。あーーー、これですよこれ、“野菜めっちゃ食べられます感”を前面に押し出したメニュー。これを待ってたんです!

食べても食べても減らないと感じるほどのボリューム!ちょっとナメてました

 食べ進めていくと、おなかがどんどん野菜で膨れてくる……。正直、この野菜量、ナメてました。最後の5口くらいは「苦しい……!」と言いながらも完食。女性には多めの量かもしれません。

最後は「も、もう大丈夫です……」と言いたくなるほどのボリューム

 野菜不足を感じる人にはぜひ試してほしい、アッツアツの「野菜たっぷり皿うどん」は1100円。食べきる自信がない方は、「野菜たっぷり」ではないほうの「長崎皿うどん」(900円)をオススメします。これ、定期的に食べたら野菜不足を感じずに過ごせるのかも……?(健康のためにも、3食バランスよく食べましょうね!)

※「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう