週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

都内で有名なお肉のお店

自宅で絶品肉ランチ!肉好きが認める「KINTAN」のちょっとリッチなカルビ弁当

2021年06月23日 10時30分更新

 こんにちは! おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター“やまお”こと山口真央です。

 梅雨の合間に晴れがあると屋外でバーベキューなんかしたくなっちゃいますね……。左手に缶ビール、右手にトングで仲間と楽しむバーベキュー、去年、今年はしづらくなったのが残念でなりません。

 バーベキューのことを考えたら、お肉が食べたくなってしまいました。特にやわらかくてジューシーなカルビ! お肉の中でも特に人気部位だと思うのですが、焼きすぎると固くなってしまって、絶妙な焼き加減が難しい。

 では、お店でデリバリーしてみては? 今日はちょっとリッチに、「代官山焼き肉kintan」「カルビ弁当」をいただいてみました!!!

肉にこだわる有名店「KINTAN」は3店舗でデリバリー、テイクアウトに対応

 KINTAN(キンタン)は都心を中心に「焼肉KINTAN」「しゃぶしゃぶKINTAN」「THE KINTAN STEAK」「肉割烹KINTAN」という店舗を展開しています。それぞれのお店にコンセプトがあり、店舗ごとにロゴが全く違うのも面白いポイントです。

肉好きを魅了するレストラン「KINTAN」

 テイクアウトとデリバリーに対応しているのは、「表参道焼肉KINTAN」「代官山焼き肉kintan」「六本木焼肉Kintan」の3店舗。「UberEats」などの各種デリバリーアプリにも対応しています。

韓国のりが付いてきました

 今回頼んだのは「カルビ弁当」1480円。さすがに頻繁には食べられませんが、とっておきの日のランチや疲れた日のごほうびにしたいですね。お弁当のほかに韓国のりがひとつついてきます。

「カルビ弁当」です。た、たまらない!

 それではオープン! 甘じょっぱいタレで味付けたカルビのかおりが部屋中に広がります……。これは期待できそう!

とろけるような柔らかさ!

 カルビは1枚1枚がとても柔らかく、ふわっふわ。舌の上でとろけていく感覚と、噛み締めるたびにあふれ出る旨味がたまりません。こ、これはビールが欲しくなっちゃう……!

ご飯もおいしい~

 お肉のタレはご飯にもしっかり絡んでいて、お肉、ご飯、お肉、ご飯……とエンドレスになってしまいます。ちなみにご飯はしゃっきり系。

付け合わせも絶賛!

 付け合わせは白菜キムチ、なます、カクテキの3種。お肉とご飯の合間に挟むキムチがお口をスッキリとリセットしてくれて、もうこれは何杯も行けてしまう。やまお的絶賛ポイントはこのキムチたちでした~!

おうちで至福の焼肉ランチを楽しみたいなら!

 KINTANのお弁当は、今回紹介した「カルビ弁当」のほかに、「牛カルビ&塩ハラミ弁当」(2280円)、「熟成タン&塩ハラミ弁当」(3500円)など、バリエーションも用意(店舗によって異なることも)。日替わりでランチスープも用意されています。ぜひ日々のご褒美として、KINTANのリッチ弁当を試してみては??

※「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう