2012年06月26日10時00分

『町山智浩の本当はこんな歌』 31曲目はビースティ・ボーイズの『シュア・ショット』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

町山智浩の本当はこんな歌

 意味も知らずに口ずさんでいた有名な洋楽の本当の意味を、映画評論家の町山智浩さんが紹介していく週アスの人気連載。31曲目はビースティ・ボーイズ(Beastie Boys)の『シュア・ショット』(Sure Shot)を取り上げます。

R.I.P. MCA

 永遠に悪ガキのままの3人という印象が強かったビースティ・ボーイズでしたが、MCAことアダム・ヤウクが2012年5月、47歳の若さで他界しました。今回はグループのデビューからを振り返り、彼らがどのような心境の変化とともに成長したかを、名曲『シュア・ショット』を基に、町山さんが語ります。

31曲目は『シュア・ショット』 
町山智浩の本当はこんな歌

『Sure Shot』
(アルバム『Ill Communication』の1曲目に収録)
iTunes Store価格:250円
(p) 1994 Capitol Records, Inc.. All rights reserved.
ダウンロードはコチラをクリック!
Sure Shot - Ill Communication

 悪ふざけばかりしているようでも、アルバムの不振や、過去の過激な発言の反省など、かなりの苦労があったわけですが、大人になりきったところでの3人が揃った活躍が見られないのは残念です。そんな追悼を込めた連載は、週刊アスキー7月3日号(6月26日発売)に掲載です。

町山智浩の本当はこんな歌

 次回はこれこそ七変化と呼ぶに相応しいデビッド・ボウイから、ニルヴァーナもカバーした『世界を売った男』をお送りします。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking