週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ひと口ごはんがうれしー

50日間限定!丸亀製麺のヤミツキ「トマたまカレーうどん」今年は「チーズ」も!

2022年04月26日 13時15分更新

文● ナベコ/編集●ASCII

 最近、気持ちいい気温の上がり具合で、うれしいものの、こういう暑い時に調子にのるとバテちゃうんだよねと毎年のことを振り返っていました。気温が上がって食欲が落ちた時にもいいかもしれません。

■株式会社TOKIOと共同開発「トマたまカレーうどん」が復活

 丸亀製麺は「トマたまカレーうどん」を本日4月26日から販売開始します。昨年9月に、株式会社TOKIO松岡昌宏さんと共同開発して販売したメニュー。今年はチーズを加えた「とろける4種のチーズトマたまカレーうどん」も新たに発売。

・「トマたまカレーうどん」並690円、大810円、得930円
・「とろける4種のチーズトマたまカレーうどん」並790円、大910円、得1030円
販売期間:4月26日~6月14日(なくなり次第終了)

 「トマたまカレーうどん」は、ご存じTOKIOの松岡さんと丸亀製麺がタッグを組み、こういったご時世だからこそ食べた人を少しでも「元気にしたい」という想いで商品開発を進めたもの。松岡さんならではのアイディアと食の知識を詰め込んだオリジナリティあふれる渾身の一杯。

あの「トマたまカレーうどん」が復活 並690円

 味の説明がひと言では難しいのですが、名前を分解するとわかるように、トマト+玉子+カレーうどんの盛り盛りの内容です。スパイスやニンニクがきいたパワフルな味わい。野菜の甘み、旨み、酸味がバランスよく、なおおかつ唐辛子の中でも強烈な刺激が特徴のカイエンペッパーを使用しているため辛さもガツンとくるヤミツキ系でございます。

2商品とも、ひと口ごはん付きです

 「ひと口ごはん」がセットで付いてくるのも特徴。トマたまカレーうどんのヤミツキ系の味わいに白米はもってこいで、最後にごはんを加えることでリゾットのようにして二度楽しめます。

様々な要素が詰まっている

■伸びーるチーズが楽しい新作「チーズトマたまカレー」

 今年新登場の「とろける4種のチーズトマたまカレーうどん」をさっそく食べてみました。

新発売の「とろける4種のチーズトマたまカレーうどん」並790円

 “香り”と“伸び”そして、“コク”を出すために、およそ20種のチーズの中から、芳醇な香りのパルメザンと、伸びが特徴のモッツァレラ、それとゴーダ、レッドチェダーを選定し、絶妙な配合でブレンドしたという特製チーズ。松岡さんが丸亀製麺の担当者と共に0.1%単位でこだわって配合に尽力したということです。

チーズがのっています

 昨年も食べたときと同様に、最初の感想は「これはカレーうどんじゃない」。濃厚なトマトが凝縮した、イタリアの料理のよう。あとから、スパイスがきいてきてカレーうどんのヤミツキ感が出てきます。新発売の「とろける4種の~」は、チーズの香りが華やかで、ますますイタリアンに。コクやまろみが増すため、辛いものが苦手な人でも食べやすいのではないでしょうか(チーズなしのトマたまカレーうどんは、けっこう辛い)。

辛さは穏やかに

 「さすが」と感じたのは、チーズがだしに溶け込んで味を引き立たせつつも、悪目立ちしないところ。チーズっておいしいけど「チーズだけ」になっちゃうと戻れないじゃないですか。やりすぎな感じがないです。松岡さん、やはり味にこわだるだけに、バランスがよい落とし込みです。

■卓上の「ソース」、かけてみると面白いです

 以下、「とろける4種のチーズ~」を食べてみて気づいた発見を書いていきます。トマたまカレーうどん2種類両方に共通すると思います。

ニンニク、生姜で食欲が掻き立てられるます

 見た目ではわからないけどニンニク、生姜がスゴイ。ガツンときいてて、食べていると喉がカッカと熱くなってきます!

温玉は間違いない!

 別売りの「温泉玉子」(80円)との相性は抜群。だしが伸びるし、ごはんとの溶け込みもいいですよ。 

 無料の薬味はなんでも合います。定番のネギはもちろん、カリカリ食感の天かすは食感のアクセントになるし染み染みになってもおいしい。

 生姜を入れると、喉元が熱くなる感じがアップ。

天ぷらにおだしを染みさせて食べるのもおいしい。えび天はエビチリ風になります

 「えび天」(160円)をあわせて食べると、衣にだしが染みてエビチリのように。

丸亀のだしソース、使ってますか? トマたまカレーうどんに合います!

 卓上にあるソースが意外にもイイ……! 丸亀製麺は、だしをきかせたオリジナルのソースを卓上においています。これを加えると途端に雰囲気が変わっておもしろいです。個人的には、大阪のカレーのような雰囲気です。

 店舗では扱いないですが、持ち帰ってオリーブオイルを加えると、まるでアヒージョのようになるとか。なるほど~。

 ひと口ごはんの存在が天才! 丼に残ったおだしを最後の最後までさらえます。

■まさかうどんでワインが欲しくなるとは!

 ベースが旨みたっぷりでどっしりしているので、トッピングのしがいがあるし、味変しても外れることがありません。予想がつくように、おだし(スープ)がめちゃうまです。おだしだけでワインのおつまみになりそう~。最後まで名残惜しくいただきました。この力強いおだしに負けないのも丸亀製麺のうどんだからこそ。

単品の「追いチー」も150円で発売

 「トマたまカレーうどん」「とろける4種のチーズトマたまカレーうどん」は、6月14日まで。なお、トッピング「追いチー」も150円で販売。追いチーはトマたまカレーうどんの他、どのうどんにもつけることができます。

50日間限定なので気になる人はお早めに

 持ち帰りも可能。ただし、持ち帰りにはひと口ごはんがつきません。

 持ち帰ってワインのおともにすするのいいかも~。以上、お酒好き記者からのレポートでした。

■関連サイト


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

 ご意見、要望、ネタ提供などはアスキーグルメ公式Twitterまで
アスキーグルメ (@ascii_gourmet)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう