週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ネット予約で待たずに買える

大戸屋「広島産かきフライ弁当」の牡蠣は大粒でジューシープリプリ 今のうちに急げ~!

2021年03月03日 10時30分更新

大戸屋で人気の「かきフライ」はテイクアウトもできます!

 こんにちは! おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター“やまお”こと山口真央です。

 冬のごちそうと言えば、“牡蠣”を上げる人も多いのではないでしょうか。かくいうわたしもその一人。毎年寒さが厳しくなってくる頃からソワソワし、生牡蠣や焼き牡蠣、フライを楽しんでいます。日本酒と一緒に食べる牡蠣のおいしさといったら……言葉になりませんッ!!

 とはいえ、昨今だと気軽にお店へ牡蠣を食べに行くことができませんよね。でもおうちでおいしい牡蠣を楽しむのって、意外と難しい。

 そんなとき「大きくてプリプリでおいしいよ!」と知人に教えていただいたのが、大戸屋の「かきフライ」。今回は大戸屋の「かきフライ」をお弁当にした「広島産かきフライ弁当」をテイクアウトしてみました!

大戸屋のお弁当はネット予約サービスで待たずに買える

定食チェーン「大戸屋」はテイクアウトにも対応

 全国に347店舗、海外に116店舗(2020年3月31日現在)を構える大戸屋は、和食をメインとした定食を提供するチェーン店。“にっぽんの食卓ごはん”をモットーに店舗仕込みにこだわっています。私も「しっかりとあたたかなごはんが食べたいな……」と思うとふらりと立ち寄ってしまう、そんな定食チェーンです。

 大戸屋では、毎年秋から冬にかけて「かきフェア」を開催しており、広島県産の大ぶりな牡蠣が好評を得ているとのこと。

ネットから予約できます

 今回はネット予約サービス「大戸屋のお弁当」からお弁当を注文。家の近くの店舗まで受け取りに行きました。時間も10分単位で細かく設定ができ、その時間に合わせて折弁当を作ってくれるので、受取時のお弁当はホカホカでした!

「広島産かきフライ弁当」を実食
 牡蠣はジューシーでプリップリ!

「広島産かきフライ弁当(4個)」税込900円

 「広島産かきフライ弁当(4個)」(税込900円)を注文。お弁当は二段重ねで、一段目がかきフライ、おかずが3品。二段目がごはんです。

 ちなみに今回はかきフライ4個でお願いしましたが、もう少し欲張りたい方には「広島産かきフライ弁当(6個)」(税込1130円)もあります。なお、店内のメニューに「広島産かきフライ定食」がありますが、内容が異なりテイクアウトのほうが本体価格もお安くなっています。

こんなに大粒!

 牡蠣は噂に聞いていたとおり、大ぶりでプリプリ!

 牡蠣は「海のミルク」とも呼ばれますがそのままピッタリ当てはまるようなクリーミーさで、衣のサクサク感と相まって、とお~ってもおいしかったです!!

 味付けには中濃ソースがついているのですが全部かけると少し量が多いので調節してながら使ってみてくださいね。

 中濃ソースのほかにはレモン入り。少し揚げ物の温度であたたまっているレモン汁もいわばお弁当の醍醐味です。

おばんざいが3種も

 添えられていたおかず(おばんざい)は、上から「3色なます」「ひじき」「きんぴら」の3種類。なますのさわやかさが揚げ物の間によく合いますし、ひじきときんぴらのやさしい味わいもとても好印象でした。

白米orもちもち五穀ご飯で選べる

 ごはんは白米と「もちもち五穀ご飯」のどちらかが選べます。今回は五穀ご飯をチョイス! 麦のプチプチとした食感が面白く、体にも優しくヘルシーに食べられます。

大満足の冬のお弁当でした
大粒かきフライを食べるなら今のうちに大戸屋へ~

 冬の牡蠣はやはり絶品。牡蠣を扱っているお店は他にもありますが、900円のお弁当でこのボリューム感あるかきフライを4つも食べられるのは大満足でした!

 気になるのはその終売時期ですが、毎年春先ごろまで発売しています。冬の味覚「牡蠣」を思う存分楽しみたいなら身近な大戸屋に急げ~~~!!

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう