週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

油そばの名店「麺爺」はこだわりの麺とあぶらとたれがベストマッチ

早稲田のタダモンじゃない油そば「麺爺」のお届けサービスを体験!全国から注文可能なんです

2021年01月27日 10時30分更新

 こんにちは! おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター“やまお”こと山口真央です

 連日見かける大学入試のニュースなどを見ていて、大学時代は安くておいしくてとにかく量がある、学生向けごはんが日々の楽しみだったな……、と思いを馳せる今日この頃。学生時代のあんなごはん、こんなごはんに思い入れがある方は、きっと多いと思います。

 私にとっての「学生時代ごはん」は、早稲田~高田馬場周辺のいわゆる「ワセメシ」。早稲田大学の卒業生ではありませんが、早稲田大学に通う友人が多く、周辺のお店でいつまでもたむろしていた思い出が……!(ホロリ)

早稲田大学のキャンパス周辺に4つの店舗を構える、油そば専門店「麺爺」
※画像は公式HPから

 今回はそんな「ワセメシ」の中でも、私が特に通っていた油そば専門店「麺爺」のお届けサービス「おうち麺爺」をレポートしちゃいます!

 かつて早稲田大学に通ったOB・OGのみなさんも必見です★

こだわりの油そば「麺爺」が全国を対象にお届けサービス実施中

 油そば専門店「麺爺」は、早稲田大学のキャンパス周辺に4つの店舗を構えています(うち、「西早稲田店」は移転準備中、「麺爺ラボ」は新型コロナウイルス関連により休店中です)。

 「婆の麺」と呼ばれるぷるぷるモチモチな太麺が最大の特徴で、純正ラード100%のサラッとしたあぶらと、好みで選べる数種類のたれでいただきます。

※麺爺公式LINEから(最新の情報は都度ご確認ください)

 ただいま、おうちで麺爺の味が楽しめるチルド商品のお届けサービスを実施中。全国エリアを対象に配送してもらえます。麺爺の公式LINEから問い合わせ、注文可能。詳細は公式HP(http://menzy.jp/w/)からご確認ください。

※麺爺公式LINEから(最新の情報は都度ご確認ください)

 5食お試しセット2500円(税込)~の注文受付。5食は多いよ~! と感じるかもしれませんが、消費期限は1週間ほどと比較的余裕があるので、ぜひチャレンジしてみてください。

15食セットを注文!

 今回お願いしたのは、「焼豚アリ15食セット」5900円(税込)……!

 緊急事態宣言発出中、休店中の「麺爺ラボ」店長さん自らが配達に来てくれました!!(東京23区内のみ。感動して玄関先で「頑張ってください!」と声をかけてしまいました)

 たれは「黒」「白」「芳醇」の3種類から選べて、今回それぞれ5食ずつにしました。3種類のたれをじっくり楽しみたいので、ちょっとフンパツ(しあわせとはこのこと)

 せっかく頼むならと思いまして、追加トッピング「辛味噌」「海老醤」「四川味噌」もフルでお願いしました。こちらは1パック5食分で各200円(税込)。

 私はつけすぎて痛い目に遭いましたので、お試しは少しずつ……ね……

 焼き豚は15食分、400gがついてきました。

いざ調理!

 では調理していきます。真空チルドパックになっていて、湯せんなどで加熱してから食べます。

 あぶらとたれは一緒のパックになっています。麺を6分茹で、よ~~~く湯切り! たれをいれた器の中に麺を入れ、焼豚とトッピング(今回はネギにしました!)を盛り付ければ完成です。

●定番の「油そば黒」

 まずは麺爺の定番「黒」から。

「油そば黒」

 たれと麺を混ぜ合わせると、麺の温かさで溶けだしたラードとたれのこってりした香りが部屋中に広がります。

 「黒」はしょうゆベースのたれで、途中お酢で味変するのが私のお気に入り!

●こちらも定番「油そば白」

 お次は「白」。

「油そば白」

 たれはあご出汁がふわっと香る、さっぱりとした塩味です。 こちらはかき混ぜても麺の色がほぼ変わらない!

 私はポン酢で味変して食べていましたが、コショウやごま油もおすすめです!

●新味「油そば芳醇」

 そしてこちらが私も初めて食べた、新登場「芳醇」。

「油そば芳醇」

 ベースは「黒」と同じ醤油なのですが、さらに香りが豊かかつ、少しさっぱりめになっていて、「『黒』だとこってりしすぎ」と感じる方におすすめです。

 混ぜ合わせてみると、麺は「黒」よりも少し薄めの茶色に。

 辛味噌で味変すると、ピリッと舌の上に残る辛味のあとからたれの香りが押し寄せ、とってもおいしかったです!

 なお、麺の量は、店舗の「並」と「大盛」の中間量なんだそうで、1食で満足感が……! 今回は3種類の味を一度に紹介しましたが、1日1食ずつ召し上がることを強くお勧めします(笑)。

●なんとオマケも!

スペシャルカード(写真左)がオマケ

 実店舗に行ったことのある人ならば、きっと「懐かしい~!」となる、このスペシャルカードも1枚プレゼント。

 次回店舗に行くとき、必ず持参したいですね。

思い出の味を守りたい!

「黒」「白」「芳醇」どれもおいしかったです! おうちで食べられてしあわせ~♪

 大学生がキャンパスに通えなくなってしまった今、大学の周りにあるこうした「学生メシ」もピンチを迎えています。

 お届けサービスなどを駆使して、少しでも思い出の味を守って行けたらいいですね!

 繰り返しになりますが、「おうち麺爺」は最小5食からの受付。全国配送もしているので、ぜひ東京近郊だけでなく、全国の油そばファンに食べてほしいなと思いました。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう