週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

GeForce RTX 30シリーズの大本命がいよいよ降臨

GeForce RTX 3070 FEレビュー!Ampere世代最強の電力性能比とRTX 2080 Ti超えを確認

2020年10月27日 22時00分更新

DXRの使われ方に注目したい「Call of Duty: Modern Warfare」

 続いては「Call of Duty: Modern Warfare」でも試してみよう。画質は最高設定(ただし、モーションブラー系はオフ)とし、キャンペーン“ピカデリー”におけるフレームレートを「CapFrameX」で測定した。ここではDXRを使わない時と使った時でのフレームレートをチェックする。GTX 1070でもDXRは動作するが、フレームレートの下落が激しいことがすでに判明しているため、DXR有効時では計測対象から除外している。

「Call of Duty: Modern Warfare」1920×1080ドット時のフレームレート

「Call of Duty: Modern Warfare」2560×1440ドット時のフレームレート

「Call of Duty: Modern Warfare」3840×2160ドット時のフレームレート

 DXRを使わない時(グラフ上半分)のRTX 3070 FEはRTX 2080 Ti FEに対して5%程度しか上回っていないが、DXRを利用時(グラフ下半分)はフルHD時で最大9%上回り、差が大きくなった。ただし、DXR利用時でも解像度を上げると差が縮まり、4K時では2%程度となる。RTX 3070はCUDAコアの多さや世代の進んだRTコアの処理性能のおかげで、解像度が低いうちはアドバンテージを保てるが、4Kになるとメモリーバス幅(256bit幅)が足枷になるのだろう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう