週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「アロスティチーニ」のあのスパイスも活用できる

サイゼのテイクアウトで家飲みしたら率直に言ってサイコーだった

2020年05月25日 18時25分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

アスキーグルメのナベコです。身近で手頃なご飯情報をお届け。

 サイゼリヤのテイクアウトが単刀直入に言ってお安くてお得感あります。

 店内飲食でもドリア、パスタを299円から用意し、ランチではハンバーグや肉料理などのライス付きセットも500円で提供するサイゼリヤ(以下、サイゼ)は、他のチェーン店に比べてもコスパ良く感じられ、私の中で神ファミレスと言ってもいい存在でした。

 そんなサイゼ、もともと一部メニューをテイクアウトでも販売していましたが、家庭内での食事の需要増を受け「おうちdeサイゼ」と称し、期間限定でテイクアウトメニューを拡大しています。

 「おうちdeサイゼ」は5月22日から第4弾のメニューがスタート。実は4月20日からスタートした「おうちdeサイゼ」は、短期間おきにメニュー構成を少しずつ変えています。

「おうちdeサイゼ」第4弾(5月22日~)のメニュー。メニューバリエーションはブラッシュアップされつつあります。

 最初は「パスタ」「ピザ」が中心で「おつまみ」「スイーツ」を少々、といったラインナップでした。段階的に「ドリア」(通常は持ち帰り可能だったところ「おうちdeサイゼ第1弾」では除外に)、「ショートパスタ」や「肉料理」などを増やし、選べるジャンルの幅を広げました。一方で、メニュー数はある程度にしぼらなくてはいけないようで、各ジャンルごとに人気メニューのみを残して品数は減らすというブラッシュアップをかけています。

 人気メニューを徹底的に売るサイゼの経営理念が、テイクアウトメニューの改変にも表れているようです。

おうちdeサイゼ飲みをしてみた

 サイゼのテイクアウトをお昼に食べるのも、夜ご飯に食べるものステキ。毎日晩酌を欠かさない記者としては、お酒のおつまみにサイゼの活用を推奨したいです。

 メニューごとの価格がお安い(「辛味チキン」290円など)。よって、いくつかのメニューを買ってバラエティに味を楽しみながらもお財布の負担が少ないです。

 できたてのお店の料理を300円前後からテイクアウトできる手軽さはなかなかない!

買ってきました! おつまみ向きのものを選びましたよ。

   私が買ったのは、おつまみジャンルで人気ナンバーワンの「辛味チキン(5本)」290円。

 同じく、おつまみ枠、人気ナンバー2の「ポップコーンシュリンプ」290円。

 「アロスティチーニ(ラムの串焼き)」390円。ちなみにアロスティチーニは「イタリアン前菜」というジャンルです。おつまみと何が違うんだろう。

スパイスはこのように、ラップにくるまれていました。もともとテイクアウトにないものを対応しているためか手作り感。がんばってくださっている。

 彩りも欲しくてベジタブルジャンルから「柔らか青豆の温サラダ」も注文しました。190円。

 4品買って、お会計は税込総額1160円。並べてみるとこれだけボリュームがあります。これだけ買って1000円ちょっととは!

これで税込1160円!

 ところで、サイゼリヤの1500ml「マグナムワイン」をテイクアウトできないかと聞いたところ、この店舗ではNGでした。店内で「マグナムワイン」買って飲み残した場合には持ち帰りができたのですが(メニューにも書いています)、最初から持ち帰りするのがNGなのか、今の時期だから中止にしているか、とにかくダメでした。ちょっと残念。

アロスティチーニのスパイス、残ったら取っておけますね!

 サイゼのメニューの中でも満足度が高いと言われている人気メニュー「辛味チキン」。

 

 5本入りです。スパイシーな味付けになっています。ただ、香りはスパイシーなだけど辛味自体は穏やかなので、「辛すぎるのは食べられない」という人でも安心していただけるはずです。

5本で290円はお得。香りがよくスパイシーでおいしいです。

 骨付きの手羽。手づかみガブッと食べて、骨のまわりのお肉までしゃぶるのが正解。当然、手は汚れます。ラフに食べられるのもサイゼの魅力。

 ポップコーンシュリンプ。

 オーロラソースのような、酸味とコクがあるまったりしたソースがついています。

酸味があるソースが好きです。パブにありそうなおつまみのイメージ。

 ひとつひとつが小ぶりなので、おつまみにぴったり。

 アロスティチーニ。

あの、話題になった羊の串焼き。

 かつてネットを騒がせた、あの羊の串焼きです。昨年12月に店内メニューとして登場したところ、あまりの人気で品薄、欠品となってしまいました。最近ようやく在庫が安定してきたようで、店内飲食でも販売されていますし、「おうちdeサイゼ第3弾」からテイクアウトでも提供されるようになりました。

クミンの香りがするスパイス。中国東北部の味です。何料理を食べているんだろう、という気になるけど、めちゃ食欲を刺激されおいしい!お酒も進みます。

 “羊の串焼き”自体はイタリアにあるようですが、付属のスパイスの味付けは、明らかに中国東北部やモンゴル地方のもの。クミンがきいた独特の味付けで、エスニックな世界に連れていかれます。

このスパイス、取っておいて料理に使える!

 このスパイス、お肉に対してけっこう多いなと感じました。……つまり!

 スパイスを使い切れなかったら、取っておいて家の料理にも使えます。例えば、鶏肉を炒めてこのスパイスかけたら、瞬く間にエスニックな味付けになるでしょう。

 家の料理のサイゼアロスティチーニ化ができたら面白いだろうな~。料理をテイクアウトするからこその素晴らしいメリット。ただし、これらのテイクアウトメニューは期間限定であるためいつ終了するかわかりません。スパイスごと持ち帰っておうちアロスティチーニをしたい人はお早めに。

 柔らか青豆の温サラダ。

 家にある粉チーズをたっぷりかけていただきました。

粉チーズをかけるとコクが増しますよね。

 優しい青豆の風味をベースに、ベーコンの塩気がきいていて、サラダ兼おつまみとして食べ進められます。

優しい味。豆のサラダって他で食べることないけど、サイゼだと頼んじゃう。

 4品を持ち帰ったところ、量が多くて一回の晩酌では食べ切れませんでした。一部は翌日の朝ご飯に持ち越し。1000円ちょっとのテイクアウトでそれくらいボリューム感があるなんて! 「おうちdeサイゼ」驚異的なコスパ感の良さでしたよ。

テイクアウトが豊富!メニューは変わっていくので公式サイトをチェックして

 「おうちdeサイゼ」は期間限定とうたっており、メニュー内容も徐々に変更される可能性があります。

なお、サイゼのワインの代わりにといってはなんですが酒販売店「カクヤス」に行って、500円(税抜)のイタリアのスプマンテ(スパークリングワイン)買ってきました。「ボルゴフルヴィア スプマンテ ドルチェ」はふくよかな甘味の爽やかなスパークリングで、軽快でしたよ。サイゼとは関係ないけど、カクヤス、安くて使えます!

 今の期間、これまではテイクアウトに対応していなかったメニューも持ち帰りできるようになって、家でゆるりとくつろぎながら食事をしたい、という人にとってメニューバリエーションの意味で有難いことこの上ないです。お近くにサイゼがある人は「おうちdeサイゼ」、ぜひチェックしてみてください。メニューの詳細は公式サイトにのっていますよ。

ビールも飲みました。サイゼの辛味チキンとビールの相性は抜群! おいしくいただきました~。ヒパヒパ~!

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう