週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ワンコイン天丼が復活

天丼てんやが値下げに踏み切った500円看板メニュー、ボリュームあって満足できました

2020年05月21日 19時37分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

こんにちは、アスキーのモグモグ情報局ナベコです。気軽に買えるチェーン店などのご飯情報を紹介。

 「天丼てんや」は、5月18日にグランドメニューを一部改訂して「ワンコイン天丼」を復活させました。

天丼てんや、5月18日からメニュー改定して天丼を値下げ。

 看板メニューである「天丼」を540円→500円に値下げ。

 かつて天丼てんやでは天丼並を500円で販売していましたが、2017円12月の価格改定で値上げ。およそ2年半の歳月を経て、あらためて天丼をもと価格へ戻すことに踏み切りました。今年創業31年を迎えるにあたって、要望に応える形での価格改定だそうです。

 当時から消費税も上がり、さらに、現在のこの状況下で、看板商品の値下げに踏み切るとは「がんばってくれてありがとう」の言葉につきます。利用者にとって値下げは率直にうれしい。でも、てんやさん、あまり無理しないでくださいね。

復活したワンコイン天丼をテイクアウトしてきた

テイクアウトで天丼を買ってきました(近くの天丼てんやは店内飲食もやっていました)

 税込500円で、まさに500円玉を握りしめて買いに行けばいい手軽さ。価格改定後にさっそく買ってきました。

スクエアな容器。ドッシリしています。

タレがしっかり染みていますね。

 メンバーの紹介です。

 海老天。

 天丼の主役といっていいでしょう! 小ぶりではありますが、身はぷりぷり。カリっと揚がっているので私はしっぽも食べちゃいます。

 いか。

 むっちり、もっちり。弾力押しのいかです。最初、食べた時になんの天ぷらかわからず戸惑った経験があります。スーパーのいか天とかとちょっと違うかな、と。噛み応えあります。

 きす。

 ほっくりしていて柔らかいです。半身でしょうか、少しこぶりですが、たれに負けず白身魚のいいお味が出ています。きすは仕入れによって赤魚の天ぷらになるそうです。

 かぼちゃ。

 私が一番好きなネタ。甘くて内側はとろとろ。てんやの濃いたれによく合います。

 いんげん2本。

 ほろ苦くてさっぱりさせてくれます。彩りも添えてくれますね。

 それとお新香もつきます。

 なお、店内飲食ではお新香がつきませんが、みそ汁がつきます。店内飲食とテイクアウトは一緒。

 天丼てんやの天丼のタレは甘味が濃くまったりとした味わい。テイクアウトで持ち帰ると、衣がタレを吸ってサクサク食感はなくなってしまいますが、私はタレを吸った天ぷらの庶民的な味わいがとても好きです。

天丼のたれは甘くて濃い味付けです。ごはんにも染み染み。

 私にとって、天丼というと天丼てんやが一番印象深いです。小学校のころに近所に天丼てんやができました。一回天丼を食べてすぐ大好きになって、休日などによく食べさせてもらいました。懐かしい。

 特に、カボチャ天、サツマイモ天にハマりました。上天丼より野菜天丼のほうが好み。でも、シシトウ天ぷらは食べられなかったな。親に食べてもらっていました。

 当時、天丼をひとりでなかなか食べきれず、兄弟で分けたりしていました。大人になった今、あらためて天丼を食べても、ずっしりとボリューム感があってお腹いっぱいになるものですね。

お新香がたくさん入っていました!うれしい。

 お新香をカリポリかじって口をさっぱりさせつつ食べ終えました。ごちそうさまです。

アツアツの天ぷらが魅力!
天丼てんやさん、値下げしてくれてありがとう

 天丼てんやの500円天丼は、5種の天ぷらがのってご飯の重量も多く、しっかりとお腹にたまりました。

ご飯の量も多く、しっかりしたボリューム感。これで500円ならお値ごろ。

 ワンコイン天丼以外にも、季節のメニュー含めて幅広く天ぷらメニューを持ち帰り対応しています。もちろん、テイクアウトだけではなく店内飲食もやっています(営業時間など詳細は公式サイトを確認ください)。

 注文してから揚げるためアツアツで提供してくれますよ。お近くに天丼てんやがある人はぜひチェックしてみてください。

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう