週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

最大30%のパフォーマンス向上!?

「Resizable BAR」の効果をGeForce RTX 30シリーズまとめて検証!人気ゲーム13本でフレームレートを計ってみた

2021年05月01日 18時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集● ジサトラユージ/ASCII

DXR/DLSSの有無も比較する「Cyberpunk 2077」

 さて、ここからはDirectX Raytracing(DXR)対応ゲームでResizable BARがどう影響するか調べてみよう。ただDXRを有効にするとRTコアがボトルネックになり、結果として差異が帳消しになってしまう可能性もある。そこで、DXR有効時には描画負荷を軽減するDLSSも有効化した。DXRを使わない状態と、DXR+DLSSを有効にした状態で検証してみる。

 1つ目は「Cyberpunk 2077」で検証しよう。まずはDXRを使わない“ウルトラ”設定で検証する。群衆密度も最高に設定した。マップ内の特定ルートを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」を使用して測定している。

「Cyberpunk 2077」1920×1080ドット時のフレームレート

「Cyberpunk 2077」2560×1440ドット時のフレームレート

「Cyberpunk 2077」3840×2160ドット時のフレームレート

 平均fpsに注目すると、基本的にどのGPUでも伸びてはいる。フルHDで最も伸びたのはRTX 3080で最大6%弱、逆に最も伸びなかったのはRTX 3060の1.7%。4Kになると1%伸びれば良い方で、逆に下がることもある。ただ手動計測であることと、群衆や車の密度がランダムに変わるため、ある程度の誤差はある点はご容赦いただきたい。

 続いてはDXRを有効にした時のパフォーマンス比較といこう。画質“レイトレーシング:ウルトラ”をベースに、DLSS“パフォーマンス”を明示的に追加した。それ以外の設定や検証方法は前と共通である。

「Cyberpunk 2077」1920×1080ドット時のフレームレート

「Cyberpunk 2077」2560×1440ドット時のフレームレート

「Cyberpunk 2077」3840×2160ドット時のフレームレート

 フルHDでは概ね3~6%程度平均fpsが伸びるが、解像度が上がるほどに恩恵は減ってゆく。DLSSは“パフォーマンス”なので内部的には解像度の半分でレンダリングし、それをAIでアップスケールしているが、Tensorコアのボトルネックが発生しやすいフルHDでも恩恵が得られるのはとても良いことだ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう