週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

辛くてウマーイ

辛さレベルMAX「カップヌードル 激辛味噌」をおいしく食べる方法

2020年06月15日 18時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 ごきげんよう、アスキー編集部のごはん情報担当ナベコです。

 関東で猛暑を記録した今日この頃、まさしく、うだるような暑さ。ところで“うだる”とは漢字だと“茹だる”と書くそうです。お湯で十分に熱したような状態、ということですね。うだる~。

 うだってしまっていて、何を書いているやら。

 そうだ、辛い物を食べよう!

 こう暑いと辛い物を食べたくなります。刺激的な味で暑気払いをしたい!

日清食品「カップヌードル 激辛味噌 ビッグ」6月8日から発売中です。

 じゃじゃん。日清食品「カップヌードル 激辛味噌 ビッグ」を買ってきました。2020年版が6月8日から登場。希望小売価格は220円(税抜)。

 激辛の「カップヌードル 味噌」です。同商品は昨年5月にも販売されており、今回で二度目の登場。

昨年登場した「カップヌードル 激辛味噌 ビッグ」が復活。

 辛さレベルがマックスの5。「目の覚めるような辛さ」を売りにした、辛いもの好きにとってうれしい一品です。

 昨年は赤味噌ベースでしたが、今年は、3種類の味噌 (麦味噌、赤白の米味噌) ベースに変更。また、昨年は別添えの辛味オイルで辛さの調節可能でしたが、今年はオイルが用意されておらず、つまり最初から辛さレベルがマックス。これはいかに!? という様相ですよ。

辛さレベルは5点満点の5だそうです。

旨くて辛い刺激的な名作!

 最初に言うと、私は辛い物が大好きです。

 お酒好きだからでしょうか。ピリ辛チョリソーや刺激的な麻婆豆腐などがお酒進むし好物。なのでこの「カップヌードル 激辛味噌」をなにも臆せず手に取りました。これから書く感想は辛いもの好きによるものだとご理解いただければと思います。

開けてみた。

 お湯を注いで3分。ふつうのカップヌードルと同様の手順です。

お湯を注ぐのも熱い(うだるような暑さなので)。

 見た目が真っ赤というわけではありませんね。担々麺のよう。ところどころ赤い色があるのは刻み赤唐辛子のようです。

繰り返しますが、今年は辛みオイルはありません。つまり最初から辛さレベル5というわけです。辛いもの好きにとって期待!

 味噌の香ばしい香りとともに、ショウガやニンニクの胃袋をわしづかみにするいいにおいが漂ってきます。

 いただきぃます!

 味噌のコク深い濃厚な旨味の中にも唐辛子のチリチリした辛さがあって、喉を通る瞬間も辛いし、食べた後も辛い。

 わーお! 辛いのを食べたくて「カップヌードル ビッグ」を買ったので、ちゃんと辛くてうれしい。

謎肉の味があまり感じられないくらいには辛い。

 味付け豚ミンチ(通称謎肉)の味がふつうのカップヌードルだと主張するのに、今回の「カップヌードル 激辛味噌」だと、ゴロゴロとした食感はあれど味としての存在感は薄れるくらいには、全体がしっかりと辛い。

 こういった辛味系の商品に入っているコーンってほんのり甘くておいしいですよね。

食べるほどに汗がにじんでくる。

 食べれば、食べるほど汗がにじんできます。

 あ、お腹もアツくなってきた。辛い物を摂取した時に訪れるハイな領域に突入!

 本商品、辛いもの好きから言うと辛さレベル70~80点くらい。辛いけど、突き抜けるほどではなく、あくまで旨辛です。味噌味で旨味が濃いのですね。

旨味のベースがしっかりしているから、激辛が得意じゃないという人も楽しめるかも。

 辛いカップ麺というと「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌」が代表格のひとつ(製造元は同じ日清食品)。印象だと、蒙古タンメン中本のほうが辛さのエッジがきいている。というのも、中本のカップ麺は別添えの辛みオイルを最後にかけて、オイリーで印象的な辛さに仕上がりますね。

 こちら「カップヌードル 激辛味噌」はちょっと系統が違う。スープに味噌のほかカップヌードルらしいチキン系の旨味が敷かれていたり、麺自体にも醤油、チキン、ポークの味がついていたり、旨味の土台がドンとある。

 なので、辛くてヒリヒリしてくるにも関わらず、ヤバイほうに走らない。ちゃんと「おいしーい」に戻ってくる。涙するほどヒーヒーしたい人には物足りないかもしれないけど、カップヌードルの良いところを生かした旨辛の名作です(あくまで辛いもの好きの感想ですよ)。

粉チーズをかけるとコクがアップ!

 そんな「カップヌードル 激辛味噌」をさらにおいしく食べるためのアドバイス。

味変に!

 「カップヌードル 激辛味噌」粉チーズ(パルメザン)をパラリ。

 味噌とチーズの相性の良さは言わずもがな。辛味の中にもチーズのコクが加わって後味がマイルドに。奥深い味わいになるので、味に変化をつけたいという場合にオススメ。めちゃおいしいですよ。

辛すぎるものは苦手、という人もお試しください。

カロリーは一食512kcal

 おいしく食べきりました。製品のカロリーは1食108gあたり512kcal。内、麺とかやくが440kcal、スープが72kcal。私の場合、粉チーズをかけたからもうちょっとカロリーをプラス。ダイエットを気にしている今日この頃でしたが、暑さで食が細くなって体力が落ちるよりちゃんと食べたほうがいいのだろうな。

 みなさんも、おいしいものを食べて暑さバテしないようにお過ごしくださいませ!

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう