週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「なんでも梅和え」やってみます

【簡単おつまみ】生ハムの梅和え!トロっと生ハムに梅干し酸味がマッチ

2020年06月19日 20時15分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

「生ハムの梅和えクリームチーズのせ」です

 こんばんは、アスキー編集部のナベコです。みなさんの地域の天気はいかがでしょうか? 関東地方は本降りの金曜日。気持ちが少しさえないですね。

 そんなさっぱりしない日は、酸味が爽やかな「梅干し」を晩酌のおつまみに取り入れてみてはどうでしょうか。

「なんでも梅和え」やってみます

 簡単おつまみを紹介するこの連載では、梅雨、ということで、殺菌効果が高く、じめじめした時期にも気持ちよくいただける「梅干し」に注目。「なんでも梅和え」をテーマに梅おつまみを紹介します。

梅雨にもおいしくいただける「梅干し」。

 「なんでも梅和え」。前回は「ファミチキの梅和え」をご紹介しました。第2回の今回は「生ハムの梅和え」に挑戦。

 お酒も梅で! サッポロ「男梅サワー」です。

「しょっぱい旨さ!」

生ハムと梅肉を混ぜ込んでクリームチーズをプラス

 「ロース生ハム」50gを用意。スーパーで買ってきました。

 それと、我が家の梅干し(紀州南高梅のはちみつ漬け、塩分5%)。プラス、クリームチーズをひとかけを使います。

この材料で作ります。

 梅干しは種をとって包丁で叩きます。

 ボウルに生ハムと梅肉を入れてまぜまぜ。

 生ハムをなるべく1枚ずつ剥がし、ちぎりながら混ぜ込むようにすると食べやすくなりますよ。

 生ハムの梅和えがコチラ。

 仕上げにダイス状にカットしたクリームチーズをのせます。

生ハムの塩気、口当たりと梅干しの酸味が絶妙!

 生ハムのとろみがある口当たりと梅干しの酸味がマッチ。一瞬キュッと口がすぼまります。ともすれば、生ハムと梅干しの塩気が掛け合わさってカドが立ちそうなものですが、クリームチーズと合わせることで後味がまろやかになり、ほどよい味の濃さでバランス良い一品おつまみになります。

 生ハムというとワインに合わせるイメージがあると思いますが、ビールや焼酎、日本酒など幅広いお酒に合いますよ。もちろん男梅サワーにも!

 酸っぱさで平日の疲れも吹っ飛びそう。みなさんもどうか、気に入ったおつまみで好きなお酒をたしなみ、良い週末をお過ごしください。


お酒に合うおつまみレシピ紹介しています!

毎週金曜日夜に更新するこの連載では、毎月テーマとしているお酒に合うおすすめの簡単おつまみレシピを公開中!
2018年4月のテーマのお酒:ストロングゼロ ダブルレモン
2018年5月のテーマのお酒:サッポロ生ビール 黒ラベル
2018年6月のテーマのお酒:赤ワイン
2018年7月のテーマのお酒:アサヒスーパードライ
2018年8月のテーマのお酒:スパークリングワイン
2018年9月のテーマのお酒:日本酒
2018年10月のテーマのお酒:ビール
2018年11月のテーマのお酒:白ワイン
2018年12月のテーマのお酒:赤ワイン
2019年1月のテーマのお酒:焼酎
2019年2月のテーマのお酒:ビール
2019年3月のテーマのお酒:白ワイン
2019年4月のテーマのお酒:レモンサワー
2019年5月のテーマのお酒:日本酒
2019年6月のテーマのお酒:ハイボール
2019年7月のテーマのお酒:ハイボール(ピリ辛おつまみ)
2019年8月のテーマのお酒:ビール(ピリ辛おつまみ)
2019年9月のテーマのお酒:キリン 秋味
2019年10月のテーマのお酒:ワイン
2019年11月のテーマのお酒:ワイン
2019年12月のテーマのお酒:ビール系
2020年1月のテーマのお酒:日本酒
2020年2月のテーマのお酒:焼酎
2020年3月のテーマのお酒:缶チューハイ
2020年4月のテーマのお酒:日本酒
2020年5月のテーマのお酒:ビール
バックナンバーは「 http://ascii.jp/elem/000/001/660/1660062/ 」からどうぞ!

 

■おすすめレシピを教えてください!

 この連載ではお酒にあうおつまみのレシピをナベコが紹介していきます。おすすめのおつまみレシピがあったら教えてください。 記事の感想や要望もお待ちしています!
コメントはナベコTwitter(@wagomunabe)にお願いいたします。Facebookもやっていますよ。

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう