週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

チョレギドレッシングがポイントです

コンビニ食材でつくる生ハムユッケが美味しい!日本酒にも合う

2020年01月24日 19時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

コンビニの生ハムでつくる生ハムユッケを紹介。

 ごきげんよう、アスキーの酒好き記者ナベコです。

 冬本番、外出すると冷えるので家でこもりがちになりませんか? 家での楽しみは、私の場合やっぱりお酒。暖房きかせてぬっくぬくの部屋で、窓の外の冬景色を眺めながら、おいしいお酒を飲む。これぞステキな冬の過ごし方ではないでしょうか。

1月は日本酒に合うおつまみを紹介

 コンビニなどで売っている材料でちゃちゃっとできる簡単おつまみレシピを紹介するこの連載。1月は「日本酒」に合うおつまみがテーマです。

 実際におつまみを作り、おつまみをアテに日本酒をプハッと。そんな順序でやらせていただきます。

白鶴の生貯蔵酒。キリッと冷酒で飲むのがおいしい。いただきまーす。

 今回おつまみと飲んだ日本酒は、「上撰 白鶴 生貯蔵酒」。セブン-イレブンに売っていました。

 兵庫、灘にある白鶴酒造は、日本を代表する清酒の生産地である“灘五経”の酒蔵です。灘は江戸時代から、水や米といった酒造りに適した風土が備わっていた酒どころ。灘には白鶴の他にも、大関や日本盛など、清酒のトップメーカーが揃っています。

 「上撰 白鶴 生貯蔵酒」は、独自育種開発酵母「HL-211酵母」で“爽やかな香味”を高めたとのことで、キリッと冷やして飲むのがぴったりのお酒ですよ。風味豊かですが、ピリリとした辛さもあって、食中酒にむいています。

コンビ二材料でつくる生ハムユッケ

 コンビニでも売っている「生ハム」。生ハムというとワインのつまみというイメージがあるかと思いますが、塩気が強くて日本酒とも相性良し。ちょっと手を加えて、日本酒向きのおつまみにアレンジしちゃいましょう。

さけるチーズ。そして、チョレギサラダ風のドレッシングを使います。

 生ハムに「ドレッシング」。そして、「さけるチーズ」。さらに「玉子」を加えて、生ハムユッケに仕立てます。

(使用した材料)
・生ハム(ロース)
・チョレギサラダ風ドレッシング
・さけるチーズ
・生玉子

玉子は家にあったものを使用。

1・ドレッシングかけて混ぜ込む

ドレッシングどぼー。

 生ハムにチョレギサラダ風ドレッシングをかけてほぐして混ぜ込みます。小容量の生ハムに小袋のドレッシングがちょうどいい分量です。

混ぜ混ぜ。

 コンビニで売られている生ハムは、薄いスライスが重ねたタイプが多いので、はがしてほぐします。

 時間に余裕があれば、10分くらい漬け込むと味がより馴染みます。

余裕があったら10分くらいおいておきます。

2・さけるチーズをさく

みんな大好き、さけチー。

 さけるチーズをさいて生ハムの上にのせます。細かくさくと見栄えもグッドですが、時間がかかってしまうので、ある程度適当に、自分の好みの具合にさきましょう。

細かいほうが見栄えします。

3・卵黄をのせてできあがり

卵黄をのせます。

 仕上げに生玉子の卵黄を中央にのせてできあがりです。

おいしそう!ちょっとお好み焼きの種のようにも見えますね。

ユッケ風生ハム!コクが増して美味です

 崩した卵黄と絡めていただきます。

いただきまーす。

 生ハムはドレッシングの塩気や油が染み込み、さらに生玉子のまろやかさで、味の奥行きが出てきます。さけるチーズのモキュモキュした食感がアクセント。キリリと冷やした白鶴に合いますよ!

ねっとりとした生ハムと、モキュモキュしたチーズの食感がよいバランス。いつもの生ハムより深みが加わってお酒が進む!

 いつもの生ハムとはちょっと違う雰囲気で楽しめるのがポイントです。なお、ドレッシングがない場合、ゴマ油と塩を足してもユッケ風に仕立てられます。刻んだ海苔をかけるのもいいですね。

 生ハムのねっとりとした舌に絡みつく食感がなんとも官能的ではないですか! ユッケにすると塩気がさらに増してそそります! う~ん、ヒパヒパ!

 余談ですが、私は生ハムと玉子、醤油でご飯のおかずにするのも好きです。特にコンビニで売っている生ハムはクセが少ないものが多いので、味を加えても食べやすいです。ご飯のお供に生ハムって、ちょっと贅沢ですが、そこがまた気分良いものですね。ふふふ……、生ハムでご飯を食べるようになったら、大人の女性の高み(なんのことやら)。

 なにはともあれ、生ハムはワインのつまみだけにしておくのはもったいない。お酒のおともに何を食べようか迷ったら、ぜひ試してみてくださいね。

お酒に合うおつまみレシピ紹介しています!

毎週金曜日17時に更新するこの連載では、毎月テーマとしているお酒に合うおすすめの簡単おつまみレシピを公開中!
2018年4月のテーマのお酒:ストロングゼロ ダブルレモン
2018年5月のテーマのお酒:サッポロ生ビール 黒ラベル
2018年6月のテーマのお酒:赤ワイン
2018年7月のテーマのお酒:アサヒスーパードライ
2018年8月のテーマのお酒:スパークリングワイン
2018年9月のテーマのお酒:日本酒
2018年10月のテーマのお酒:ビール
2018年11月のテーマのお酒:白ワイン
2018年12月のテーマのお酒:赤ワイン
2019年1月のテーマのお酒:焼酎
2019年2月のテーマのお酒:ビール
2019年3月のテーマのお酒:白ワイン
2019年4月のテーマのお酒:レモンサワー
2019年5月のテーマのお酒:日本酒
2019年6月のテーマのお酒:ハイボール
2019年7月のテーマのお酒:ハイボール(ピリ辛おつまみ)
2019年8月のテーマのお酒:ビール(ピリ辛おつまみ)
2019年9月のテーマのお酒:キリン 秋味
2019年10月のテーマのお酒:ワイン
2019年11月のテーマのお酒:ワイン
2019年12月のテーマのお酒:ビール系
2020年1月のテーマのお酒:日本酒
バックナンバーは「 http://ascii.jp/elem/000/001/660/1660062/ 」からどうぞ!

 

■おすすめレシピを教えてください!

 この連載ではお酒にあうおつまみのレシピをナベコが紹介していきます。おすすめのおつまみレシピがあったら教えてください。 記事の感想や要望もお待ちしています!
コメントはナベコTwitter(@wagomunabe)にお願いいたします。Facebookもやっていますよ。

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう