週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

食べごたえ半端ないぞ

マックで今だけ!全部が厚い「ぜんアツダブチ」パティは通常の2倍の厚み

2020年01月30日 17時45分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 マクドナルドでは1月7日からスタートした「ブアツく生きよう」キャンペーンの最終章として、「ぜんアツ!ダブチ」「アツ!ニクダブチ」「アツ!てりやき」を1月29日から販売中です。2月11日までの期間限定。

肉、チーズ、ベーコンが厚い「ぜんアツ!ダブチ」

 定番人気の「ダブルチーズバーガー(ダブチ)」と「てりやきマックバーガー(てりやき)」の“ブアツい”アレンジを期間限定で販売する本キャペーン。

「ブアツく生きよう」キャンペーンがファイナル。

 ファイナルの目玉は「ぜんアツ!ダブチ」です。2枚のビーフパティを肉厚パティに変更し、さらにチーズも特製の厚切り仕様。加えて、厚切りベーコンも一緒に挟んだという、肉厚、チーズ厚、ベーコン厚の3点揃いのパワーバーガーです。

 定番のダブチが劇的に肉重量を増した本商品。マック好きなら食べない理由はないでしょ! と、さっそく食べてきました。

「ぜんアツ!ダブチ」食べてきました!ボックス提供です。

 こちらが「ぜんアツ!ダブチ」。単品540円、バリューセット840円。

 ドドン!

高さがあります。

 比較のために、ふつうのダブチ(340円)も買ってきました。

ひだりがいつものダブチ。右が「ぜんアツ!ダブチ」。大人と子供みたい。

 「ぜんアツ」は、高さもあってドーンとした存在感があります。ダブチは比べるとフラット。見た目からして全然違いますね。

 サイズを定規で測ったところ、通常のダブチのパティの厚みはだいたい4、5mm程度。「ぜんアツ」の肉厚パティは1cm近くありました。およそ倍です。

ふつうのダブチのパティは、厚み4、5mm程度。

「ぜんアツ」のパティの厚みは1cm近くと、肉厚!

 噛りつくのが大変ですが、大きく口を開けて、あーん。

 わっ、口の中がお肉パティに満たされる!

口の中がビーフパティでいっぱいに!肉厚×2枚なので、食べ応えしっかり。

 1cm近くのパティが2枚重なっているわけですから、噛んだ時の厚みは当然2倍。つまり2cmの厚みがある本格的なハンバーグに、ガブッとかじりついている贅沢な感覚です。柔らかくも厚みがあって、満足できる噛み心地。

 チーズは肉のつなぎのような存在。正直、ビーフパティの旨みが濃いので、チーズはそこまで主張してきません。

 マックのパティってこんなにおいしかったっけ? ……と、ちょっとびっくりしちゃうくらい、ふだんと違います。

 いえいえ。肉厚パティの味そのものはふだんと同じようなのです。ただ、厚みがあることで、ビーフのギュッと詰まったおいしさや、ジューシーさや柔らかさが感じられて、なんだかいつもよりずっと本格的。

 ベーコンはスモーキーでテキサスを感じました。そう、全体的にワイルドでこれぞアメリカン!

 もったいないなと感じたのは、具の重量感があるのに対して、ふだんのバンズがちょっと軽くて、受け止めきれてないかな~と。まあ、バンズまで替えるとまったく別物なので、それはいいとしましょう。

肉厚サイコー!
ピクルス追加をお願いするといいかも

 さて「ぜんアツ!ダブチ」は、“お肉”という意味では素晴らしい満足感でした。ふだんのマックとは段違いなんです!!

 噛んでも噛んでもふかふかジューシーなビーフパティが広がって、お口を満たしてくれました。なんだ、マックおいしいじゃん。ダブチってここまで進化するのだな~と極みを見せつけられました。ダブチならではのシンプルな味付けゆえに、素材の味もしっかり堪能できたし、口福。540円というとマックとして高価ですが、納得のクオリティ。

ワイルドでアメリカを感じました。

 もしかしたら、ピクルスや玉ねぎがちょっと少なく感じるかも。マクドナルドは店頭で、「ピクルス多め」など要望をきいてくれるそうなので、「ぜんアツ」はトッピング追加をお願いするとよいかもしれないですね。

 同時に、「アツ!ニクダブチ」(440円)と「アツ!てりやき」(440円)も販売中。「アツ!ニクダブチ」は、ダブチのパティが肉厚になったもので、ベーコンは入っていません。「アツ!てりやき」は夜マックで注文できるてりやきの“倍バーガー”と同じですが、昼の時間帯に注文できるのは今だけ。マック好きは見逃さないようにしましょう!

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう