週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

2016年の父の日は6月19日

父の日プレゼントにビールを!絶対喜ばれるオススメ3

2016年06月10日 11時00分更新

 6月19日は父の日。酒好きなお父さんであればビールのプレゼントは喜ばれること間違いないはず。では、どのブランドのビールをあげたらよい?

 必ず喜ばれるオススメ3つ紹介します。

オススメ1位は文句なしに「スーパードライ」

 胸をはってオススメするのは「アサヒスーパードライ」。世の中のお父さんたちが好きなビールの鉄板です。実際に、Yahoo!ショッピングが1500人の父親を対象に実施した本音調査でも、スーパードライが1位に入っています。

アサヒスーパードライ
・購入価格:350ml缶 178円(スーパーにて)

 スーパードライの魅力はなんといっても、喉越し。キリリとした辛口淡麗の味わいは「暑くて喉が渇いて今すぐとにかくビールを飲みたい、飲まないと死んでしまう」という状態の時に流し込むと、この世の天国というくらいに「ひゃー、ビール!!」となるおいしさです。

 昔からの定番なので、「ビールといったらコレ」というお父さんも多いことでしょう。キリン、サッポロとほかのビールブランドがイチオシの人でも、ビール好きであればたいていは拒まない味わい。

 単品で買ってあげてもいいですけど、父の日にはどうか、ダースで! お父さんうれしくて泣いちゃいますよ。

私もスーパードライ大好き(お父さんではないですが)。仕事終わりにグビグビ飲みたい!

 ちなみにYahoo!ショッピングの調査で、2位はサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」。価格帯がやや高いプレミアムビールですね。豊かな旨み、ホップの香りといった、洗練されたビールの極みがつまっています。

ザ・プレミアム・モルツ
・購入価格:350ml缶 205円(スーパーにて)

 父の日だから奮発してもあげるのもよいですね。

偉大なる「ゴッドファーザー」をご存知?

 まさに“父”という名前が入ったビールもあります。「ゴッドファーザー」。インドのビールです。

「ゴッドファーザー プレミアムビール」
・実売価格:330ml瓶×6本 2400円前後

 おっと。父は父でも、あのゴッドファーザーか! と、おののく人もいるかもしれません。いえいえ、映画の影響でマフィアのボスという印象が強いですが、もともとはキリスト教でいう、名づけ親。どっちにしろ、とても偉大な父親です。

偉大なるゴッドファーザー

 長期熟成、麦芽にこだわった力強いビールということ。ラガーとスーパーストロングの2種類があり、オススメは、アルコール度数が6.5%と高めな、スーパーストロング。

 だって、ほら。お父さんにガツンと酔ってもらいたいでしょう。

 “ゴッドファーザーのストロング”というと、とりあえず辛口かなと予想していたら、意外にもやや甘め。成分を見ると米を使っているので、糖質がきいているのかな。インド料理や韓国料理など辛い物にあうそうです。ラガーのほうが辛口のようです。

 アルコールの高さを感じない味なので勢いよく飲むと、一瓶目でクラクラ来ます。さすがゴッドファーザーのビール。強い。

 ちなみに私は自分用に、Amazonで訳ありで売っていた330ml瓶24本入りを4000円(送料別)で買いました。賞味期限が6月末までと迫っているのですが、期限内に飲めるなら超買いです。

Amazonで訳ありで販売されていました

箱で届きました!

 父の日に訳あり品をあげるのは、いかがなものかと思いますけどね(笑)。

今年の父の日は青いビールを!

 さて、今年の父の日である6月19日は“ロマンスの日”とも重なっています。最愛の人と過ごそうという記念日。真実の愛を象徴するカラーが青なので、今年の父の日は青いギフトを贈ろう、という働きかけがあります。高島屋の日本橋店でも“父の日×ロマンスの日”としてブルーギフトをピックアップしているとか。

 青は男性が身につけても違和感がないカラー。そこに真心の意味が込められれば、もらったほうもうれしい。なかなかセンスがよいと思います。

 ではではビールでも青いものを。といっても青いビールなんてあるわけないでしょ。と思いますよね。でも実は、青いビールが存在しているんです。

 網走ビールの「流氷ドラフト」は、瓶のままではわかりづらいですが、オホーツク海の流氷のように液体が真っ青。今回はYahoo!ショッピングからサンプルをもらいました。

流氷ドラフト
・実売価格:330ml瓶×4本 送料込 約3263円(Yahoo!ショッピングにて)

 実際に、オホーツク海の流氷を使用しているのが特徴。青い色素は天然素材であるクチナシです。

 グラスに注いでみると、見た目が本当に真っ青です。

 う~。青ってどういうわけか食欲が減退してしまう色なのですよね。なので、見た目でいうとおいしくなさそう。

 飲んでみると、見た目の印象よりずっとおいしかったです。あっさりすっきりした飲み口で、コロナに近いと感じました。少~しだけ独特のクセがあります。いやな味というわけではないのですが。

 とは言っても、見た目から受けたインパクトに対して、ずっとおいしく飲めるビールでした。普通のお店には置いていないので、珍しさという意味でもよいですね。

普通のビールと並べるとこんな感じ。インパクトと青というカラーの真心で明らかに勝っています

お父さんが本当に欲しいのは“言葉”だった

 以上、父の日のプレゼントにオススメのビールでした。自分もお酒が好きであれば一緒にビールを飲み交わすのもいいですね。

 ここまで紹介してきてなんですが、お父さんが父の日にしてもらいたいことの一番は、プレゼントではなく何より「感謝の言葉をかけてもらう」だそう。

Yahoo!ショッピングの調査にて

 「いつもありがとう」。その言葉が、ビール12缶に勝る贈り物かもしれませんね。みなさんどうぞ、よい父の日を。


ナベコ

寅年生まれ、腹ぺこ肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になるまでにストリップを見に行きたい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう