2015年02月16日16時08分

VAIO Z、Z Canvas発表 新製品発表会【更新終了】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
vaio
vaio

いよいよVAIO社初のオリジナルPCがお披露目!
VAIO ZとVAIO Z Canvasの発表会の模様をリアルタイム更新いたします。

vaio
↑登壇者2名が登場。関取社長とPrototype Tablet PC担当の伊藤さんです
vaio
↑ウェブサイトも更新されました

VAIO.com(リンク)
 

vaio
↑VAIOといえば、このキャッチフレーズですよね。関取高行社長「ようやく新製品をお披露目できる」
vaio
今回発表するのはメイドイン安曇野
vaio
vaio
他社との協業。まずはキヤノンさん。
vaio
さらに日本通信さん。詳細は後日ですが、SIMフリー業界に一石を投じるつもりとのこと。
vaio
「我々の思いは製品そのもので感じていただきたい」
vaio
「今日こそが本当のスタート。自由であるか、独創的だろうか、と問続けたい」
vaio
「自由であるか、独創的であるか。パソコンにとらわれず、いろいろとつくっていきたい」


ついに VAIO Z が登場しました
 

vaio
vaio
vaio
↑つづいて商品プロデューサーの伊藤氏。「新生VAIOは究極の道具。侍で言えば刀のような存在」「ちょっと細かなところに気配るのが大事」

vaio
VAIO Zはどんなたち位置のPCなのか?人によってはウェブ程度ならPCはいらない。単に薄さ軽さに向かうだけではタブレットと同じ。スマホやタブレットではできないことをしよう
vaio
VAIO Zはフラッグシップモデル。もう一度このなまえを復活。ゼロと言う意味合いももつ。ゼロからスタート。
vaio
人の発想を1秒も止めたくない。信頼できる作りのよさ。ユーザーの新たな可能性を追求
vaio
メイドイン安曇野ジャパン。日本の有数の企業と一緒につくりだした
vaio
処理能力も段違い
vaio
高密度実装により、余裕ができバッテリーの増加や軽量化ができるように
vaio
スケルトンモデルで解説。
vaio
vaio
高密度実装と排熱技術を組み合わせて実現している
vaio
バッテリーもちはJEITAv2で15時間
vaio
開いたまま角をもつのはかなり過酷な状況。VAIO zでは歪みが少ない剛性
vaio
剛性はアルミニウムとカーボンの組み合わせで実現。カーボンは東レ。
vaio
キーボードの打鍵感と静穏性。クリックパッドは雲母を使ってる
vaio
液晶はPanasonicと共同開発。sRGB100%。スピーカーは100人規模の会議室でも使えるレベル
vaio
マルチフリップ構造でクラムシェル型とタブレット型を両立
vaio
vaio
本日より受注!!
vaio
ビームスとのコラボもあります‼


新製品はもうひとつあります!
 

vaio
vaio
もうひとつのVAIO Z、 Z Canvasです
vaio
vaio
なぜタブレットではなくキャンバスなのか?
vaio
クリエイターはデスクに縛られている。どんな場所でもプロレベルの創作ができるようにしたい
vaio
事例1 レイスバード氏。ペンの視差が少なく紙のようにかける
vaio
事例1 レイスバード氏。
vaio
続いてフォトグラファー目線の例。モビリティーの面と、色の再現性、カラーマネージメント機能が評価された
vaio
映像製作の場でも評価。4K Camera Rawの編集でもラック要らず
vaio
セイントおにいさんの中村光先生がトライ。書いた絵は来週のモーニング2の表紙になる
vaio
アニメーターからも注目。
vaio
VAIOはクリエーター向けのプログラムを実施予定
vaio


ここから質疑応答となりました。

vaio

質問:かなりハイエンドだが、どのくらいの販売台数を目指す?

回答:関取氏「市場については狭くなる。開拓するのも使命。 花里 ダイレクトな市場はボリュームが大きいと思っている。数量は控えさせていただく」

質問:ソニー時代にできなかったこと、逆に苦労したか?

回答:関取氏「全員でゼロから作ったのがポイント。全員でトラブルも解決していく。ここがイチバン大きい」
 

質問:他社に負けないという部分と、国産にこだわる部分とは?

回答:伊藤氏「小型実装技術が強み。あらゆる技術を併せ持たなくてはできない」関取「国産にこだわるわけではなく、コスト、品質のバランスをみて」

質問:Windows10を見据えた点などはあるか? また、スマホはWindows Phoneの計画はあるか?

回答:伊藤氏「Windows10について、具体的な商品像は話せないが、意識することは必要だと思う」
回答:関取氏「スマートフォンについては、いろいろ研究はしているが、コメントは控えさせていただく」

質問:レッツノートやLaVieなど、競合との違いはなんですか?

回答:伊藤氏「他社とは同じ方向は向いていません。まずはしっかりとしたパフォーマンスやレスポンスを実現すべき。次にモビリティ。今までだったらまず薄型をアピールをしていた。今はユーザーの生産性を向上させたいと思っている」

質問:苦労したところは?

回答:関取氏「会社設立から…(しみじみ)。まずまっさら会社としてはじめた点。会社の設立と並行してやってきた点。最後の最後まで調整が必要だった」


最後に囲み取材もありました。

これからも高価格帯なニッチな場所を狙っていくのか? → いろいろなものを作っていく。

VAIOの今後の全体像は? → 今後についての詳細は控えさせていただく…。

山登りで言うと何合目? → まだまだこれから。

流通面での新しい政策は? → お客さんが買いやすいようにお店はどんどん広げていく。量販店は全国で17店舗に売り場がある。

proとかfitなどの既存シリーズのVAIO社オリジナルモデルは、いつごろ登場? → 詳細は控えるが、いずれは、必要であれば出していきたいと思っている。

「VAIO Zのデザイナーは、今までのVAIOをよく知っている人。内部構造と擦り合わせて完成させた。デザインを重視すると言うよりも、まずは実現したい構造を優先した」

以上です。

VAIOユーザーに一度みていただきたい、VAIOコラボの『ひらくPCバッグ』と『インナーバッグ』は、こちらからチェックできます!

ひらくPCバッグ 週アス×VAIOコラボ版をアスキーストアで購入
アスキーストアで購入


週アス×VAIOコラボ ノートPCインナーバッグを購入
アスキーストアで購入


関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking