2014年08月22日18時00分

今週のトホホ「ディスプレーが壊れてニヤリ」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

tohoho

 何かものが壊れるとね、残念に思うより「新しいのが買える」と喜んじゃうのがトホホ者のいけないところ。うれしそうなのがバレないように、わざと苦虫を噛みつぶした顔をして「困ったな、弱ったな、仕方ないな」なんて言いつつ電器屋さんへ走るのでありますね。そういうときだけフットワークが軽い。軽すぎて、買わなくていいものまで買って帰ってくる。それがまた事態を面倒にする、みたいな。
 東京トホホ会では、そんなトホホな笑える失敗談や暴露話を募集しています。採用者にはオリジナルQuoカード(1000円)を差し上げています。素敵なトホホグッズももらえるかもよー。
 mixiの『トホホについて考えるの会』も見に来てね。そちらからでも投稿できますよ。

ディスプレーが壊れて「ニヤリ」

 しばらく平穏な日々が続いていた愛知県の“エセマイホームパパ”さんは、「最近、トホホの神様に見放された」と感じていたのだけど、突然、パソコンのディスプレーが消えて、二度と電源が入らなくなった。
 さて困った……かと思ったら、「また新品が買えるとニヤリとして……」朝から電器屋めぐりを始めた。何か壊れると、家族に見せる「困った」という顔をつくるのに苦労するのが真のトホホ者だ。本当は新しいものが買えるのでうれしいのだ。
 しかし今どきの家電量販店ではディスプレーは扱っていないらしい。何軒もまわって、やっとPC専門店でゲットできた。
「最近はPC情報が少なく、週アスもスマホ情報がトップ。ちょっと寂しい」とエセマイホームパパさん。とはいえ、むしろスマホやカーナビなど家電品にトホホが浸透しているのも事実。トホホの時代はこれからだ!

トホホ

※本記事は週刊アスキー9/2号(8月18日発売)の記事を転載したものです。

投稿採用者には豪華グッズを差し上げます

tohoho

 採用者にはもれなく、トホホ会オリジナルのQUOカード1000円分を差し上げています。
 いえいえ、それだけじゃないんです! 投稿のトホホレベルに応じて、豪華なオリジナル記念品も差し上げています。トホちゃんグラス、トホちゃんスポーツタオル、トホちゃんトートバッグ、トホちゃん文鎮などなど、こんなに豪華でやっていけるのか! てなぐらい大盤振る舞いであります。

 

トホホ会への投稿はこちらから

Kindle版はこちら
週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらの表紙をクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking