2012年02月29日05時33分

MWC2012:日本市場でもナンバーワンブランドを目指すサムスン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 今年もブース規模で最大面積を誇るのは引き続きサムスンでございます。現在、同社がケータイ市場のリーディングカンパニーであることに疑いの余地はありません。
 しかし、こと日本市場においてはGLAXYというブランドは定着しつつあるものの、ソニー(ソニエリ)やシャープほど広く認知されていないという意見もあります。

SumsungInt SumsungInt
↑最も目立つ場所、最も大きな面積で、最もたくさんのデバイスを、最もたくさんのスタッフが案内していた同社ブースの外観。 ↑GALAXY Noteシリーズは大注目で試用する人の列が途絶えません。

 MWC会期中、サムスン電子ジャパン端末事業本部の専務に新しく就任された石井圭介氏にお話を伺う機会があったので、いろいろとお尋ねしました。

SumsungInt
↑サムスン電子ジャパン端末事業本部、石井圭介専務。

──まず、就任された抱負などを。

石井 “市場をつくっていく”というのを実感していきたいです。日本市場においては(サムスンは)やっと育ったばかりで、まだまだ拡張しなくてはなりません。グローバルに影響を及ぼすほどに、一から市場をつくっていく意気込みで取り組みたい。ガラパゴスなんて言われた市場で、新しい分野に挑戦できるのはやりがいがありますよね。

──出展はGALAXY Noteの2モデルがメインでしたが、日本でも受け入れられると思いますか?

石井 GALAXY Noteは、ペン入力に限らず現時点で最高の技術をつぎ込んでおり、お好きな層に受け入れられるかと。また、アラン・ケイ氏が“Dynabook”で示した思想にもペンは登場しており、大画面+ペンという組み合わせというのは必ず来ると信じています。スマートフォンが世界に認知されつつある背景の下に登場したシリーズですから、この機能をきちんと打ち出していきたいと思っています。

──大きくなると(タブレットのように)大きな市場には受け入れられないのでは?

石井 (すでに5インチ版を発売した)韓国では年代によって使い方が違うのです。ビジネスで非常に忙しい人が仕事で使うツールとして、若い人はエンターテイメント端末として活用しておられ、広がりをもっています。また、安い端末がよく売れているインドでの販売が伸びています。タブレットとケータイを1台にできるという部分が受け入れられたのではないかと考えています。

──ペン操作が広く受け入れられた暁には既存のスマートフォンやタブレットと融合化されるのでしょうか?

石井 それは使い方によるでしょうから、ひとつのパターンに集約するつもりはありません。国によって求められるものも違いますからね。

──手描きの利用シーンを活性化させたいのでしょうか? あるいは、ひとつのフィーチャーとして追加したのでしょうか。

石井 純粋にペン入力の“楽しみ方”を提供したいだけです。『Studio』(GALAXY Noteの独自お絵かきソフト)で画家が紙と同じように描けるのは、まさにNoteがもっているハードの力だと思います。

SumsungInt
↑プロの絵描きが、Noteで似顔絵を描いてくれるサービスも。まさに“紙のように使えるアピール”ですね。

──日本市場は、従来のケータイの機能を取り入れた、いわゆる“全部入り”がスマートフォンでも主流になりつつあります。これについては、どのようにお考えでしょうか?

石井 ユーザーやマーケットを注視し、価値を認めてもらう努力を続けなくてはなりません。それには、“現地化”と呼んでいますが、市場に密着した展開は必須と私は考えております。

──GALAXYより“サムスン”の認知度が日本では低いようですが?

石井 諸外国と比較すれば低いですよね。日本では、まだチャンピオンとは言えません。自分の仕事として“GALAXY”は今以上、“サムスン”というブランドも価値あるものにしていきたいです。

──ブランド展開といえば、日本メーカーは家電連携などに力を入れ始めています。

石井 我々は日本市場はモバイルだけですからね。ひとつひとつ積み重ねていくしかないのですが、DLNAなどの開発では先陣切っており、もちろん争う準備をしております。

──ありがとうございました。

 

 な~んか、GALAXYにおサイフも夢ではなさそうな気がしてきちゃいましたよ! キャリア展開も、もっともっと増えてほしいですね~☆ ソフトバンクとか……。とっても期待してしまいますわ。

SumsungInt
↑お話を伺っている間に『GALAXY SII』を最優秀スマートフォンと認定するトロフィーが到着し、お見せいただきました。ちなみに昨年度はiPhone4だったそう。

バルセロナで開催されるモバイルの祭典Mobile World Congressを最速レポ
週アスPLUS:MWC 2012 最強まとめ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking