2012年02月27日23時59分

MWC2012:LGの5インチスマホはLTE対応! クアッドコアモデルも爆速だっ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 韓国のLGエレクトロニクスブースで人気だったのが5インチディスプレーを搭載した『Optimus Vu:』。タッチペンが付属し、手書き入力をウリとしたサムスンの『GALAXY Note』の対抗馬と言えるモデルです。

5インチで4:3!
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑ワイド液晶全盛のなか、ハイエンドモデルとしては珍しい4:3の縦横比率。
かなり幅広
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑左がOptimus Vu:で右がOptimus LTE。4.5インチのOptimus LTE が小さく見える。0.5インチしか違わないのに。
厚さは8.5ミリ
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑ディスプレーは大きいですが、厚さは8.5ミリとスリム。

 5インチと言っても、縦横比が4:3なので現在主流のスマホの形状からすると、かなり横長の印象。実際手のひらに持ってみると、男性の手でも片手では親指が届かない部分もあるほど。

 とは言え、付属の手書きノートアプリで、ペン入力を始めると、この4:3の比率が実際の紙の手帳のようで実に使いやすいです。これは欲しい!! このMWCの取材用に欲しい!!

ペンはスラスラ
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑片手操作にはちょっと大きいですが(ジャイアン鈴木は大丈夫かな?)、ペンでの操作はスラスラです。

 さらにOptimus Vu:はLTE版とWiFi版の2モデルを用意。残念ながら現地バルセロナではLTEが使用できないため、スピードは体感できませんでしたが、日本でOptimus LTEを使っている筆者としては、日本で発売されたら即買いですね。

通信方式で2つのモデル
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑LTE版とWiFi版をラインアップ。違いは通信方式の違いだけです。
背面は高級感アリ
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑背面はレザーふうで手触りもよく、高級感があります。LTEのロゴもイカス!!
純正カバーもイイ!
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑電子書籍リーダーのようなカバーもカッコイイ。日本で出るとしたらコレも買います!!

 価格はハイエンドモデルと同等。気になる発売時期は未定で、日本での発売もわからないとのこと。日本での発売を切に願います!!

SPEC
OS Android2.3(4.0へのアップデートを予定)
ディスプレー 5インチIPS液晶(1024×768ドット)
CPU 1.5GHz、デュアルコア
メモリー(RAM) 1GB(ストレージ容量32GB)
カメラ 約800万画素(インカメラ約130万画素)
バッテリー容量 2080mAh

 

 LGブースでOptimus Vu:と同じくらい人気だったのが『Optimus 4X HD』。クアッドコアのTegra 3を搭載したハイエンドタイプで、同社のフラッグシップモデル。厚さは約8.9ミリと薄型。スリムなデザインながら、バッテリー容量は2150mAhと大容量なのもポイントです。

OSはアイスサンド
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑オリジナルのUIを採用しているのでわかりにくいが、OSはアイスサンド(Android 4.0)。でもディスプレー下部にはホームボタンなども用意されてます。
厚さは約8.9ミリ
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑ハイエンドモデルで大容量バッテリーなのに薄型というのは、今シーズンのトレンド。
NFCとLTEはなし
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑背面カバーは細かい凹凸のあるザラザラとしたデザイン。NFCマークもLTEマークもありません。
Optimus LTEとほぼ同サイズ
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑左は4.5インチのOptimus LTE。ほとんど同じサイズです。
これがハイスペックの実力!?
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑いちばん端のホーム画面を無理にスライドさせようとすると、アイコンが伸びる。こういったアニメーションをスムーズにこなせるのも、クアッドコアならでは。

 こちらも発売時期は未定で、日本での発売も不明。価格はハイエンドモデルと同等とのことです。

SPEC
OS Android4.0
ディスプレー 4.7インチIPS液晶(1280×720ドット)
CPU 1.5GHz、クアッドコア(NVIDIA Tegra 3)
メモリー(RAM) 1GB(ストレージ容量16GB)
カメラ 約800万画素(インカメラ約130万画素)
バッテリー容量 2150mAh

 

 そのほか裸眼3Dの最新モデル『Optimus 3D Max』や、新シリーズとして『Optimus L』を展示。こちらはミドルレンジからエントリーモデルのラインアップで、液晶サイズやスペックの違いで『同L7』、『同L5』、『同L3』の3モデルが用意されています。

 これらのモデルも日本での発売は未定とのこと。ただし、これまでの展開から読むと日本で発売される確率は低いかも。

3.2インチのOptimus L3
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑3.2インチ(320×240ドット)ディスプレー採用で手のひらサイズ。L3だけOSは2.3です。
4インチのOptimus L5
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑4インチ(480×320ドット)のディスプレーを採用。OSはアイスサンド。
NFC対応
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑シリーズのなかで、Optimus L5だけがNFCに対応。
4.3インチのOptimus L7
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑ディスプレーは4.3インチ(解像度は非公開)で、こちらもOSはアイスサンド。
3Dの後継機も
MWC2012:LGエレクトロニクスの5インチスマホはLTE対応!! クアッドコア搭載モデルも爆速だっ!
↑裸眼3Dの最新モデル『Optimus 3D Max』も展示。そう言えば、昨年のMWCで世界初のフル3D対応モデルを発表してましたね。

 以上がLGエレクトロニクスで展示されてた最新スマホ。LTE対応やクアッドコアのハイエンドモデルは、日本での発売に期待したいですね!

バルセロナで開催されるモバイルの祭典Mobile World Congressを最速レポ
週アスPLUS:MWC 2012 最強まとめ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking