週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「Core i9-12900H」と「GeForce RTX 3070 Ti Laptop GPU」を採用

驚きの性能と静音性! G-Tuneの"水冷BOX"付属&240Hz対応ハイスペックゲーミングノートがスゴすぎた!

2022年09月22日 11時00分更新

マウスコンピューターの「G-Tune H5-LC」

 CPUの進化に伴い、CPUクーラーは簡易水冷タイプが一般的になってきており、実際に使っている人も多いのではないだろうか。しかし、ノートPCになると筐体のサイズから、どうしても水冷クーラーは採用しにくい。

 しかし、マウスコンピューターの「G-Tune H5-LC」は15.6型ゲーミング向けノートPCながらも、「水冷BOX」が付属したモデルだ。この水冷BOXによって、CPUやGPUの温度上昇を抑えるとともに、静音性の向上も実現している。では、G-Tune H5-LCはいったいどのようなノートPCなのか、その詳細を説明しつつ、いくつかのゲームで実力を確かめてみたい。

G-Tune H5-LC 主なスペック
ディスプレー 15.6型(2560×1440ドット、ノングレア、Dolby Vision対応)
CPU インテル「Core i9-12900H」(14コア/20スレッド、最大5.0GHz)
グラフィックス GeForce RTX 3070 Ti Laptop GPU(GDDR6 8GB)
メモリー 32GB(16GB×2、DDR5-4800)
ストレージ 1TB SSD(M.2、NVMe、Gen4x4)
光学式ドライブ 非搭載
インターフェース USB 3.0 Type-A×2、USB 3.1 Type-A、Thunderbolt 4(Type-C)、有線LAN(2.5GBASE-T)、HDMI、マイク入力、ヘッドフォン出力・ヘッドセット/4極、SDメモリーカードリーダー
通信規格 Wi-Fi 6(IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n)+Bluetooth 5
ウェブカメラ 約100万画素(Windows Hello対応)
サイズ 360.2(W)×243.5(H)×28(H)mm
重量 約2.27kg
OS Windows 11 Home

i9-12900HとRTX 3070 Ti Laptopの組み合わせ
システムメモリーには最新世代のDDR5を採用

 まずは、G-Tune H5-LCのスペックから見ていこう。CPUには第12世代Coreプロセッサーの「Core i9-12900H」(以下、i9-12900H)を搭載。このi9-12900Hは、Performanceコアを6基、Efficientコアを8基搭載した14コア/20スレッドタイプのCPUだ。ターボ・ブースト適用時の最大動作クロックは5.0GHzを誇り、ゲーミング用途で十分な性能を備えている。

CPU-Z(Version 2.01.0)の実行結果

 続いてGPUには、NVIDIAの「GeForce RTX 3070 Ti Laptop GPU」(以下、RTX 3070 Ti Laptop)を採用。このRTX 3070 Ti Laptopは、RTX 3070 Tiのモバイル向けに位置付けられたGPUで、5888基のCUDAコアを備えるほか、第2世代のレイトレーシングコアと第3世代のTensorコアを有し、高いゲームパフォーマンスが期待できる。

 また、Optimus Technologyにより、描画負荷に応じてRTX 3070 Ti Laptopと、CPUに統合されたグラフィックス機能を自動的に切り替えられる。なお、グラフィックスメモリーはGDDR6を8GB搭載する。

GPU-Z(Version 2.47.0)の実行結果

 また、付属アプリケーションの「Mouse Control Center」には、パワーセッティングとして「パフォーマンス」「バランス」「静音」の3つのモードを搭載。工場出荷時設定はバランスだが、これらのモードを変更してもCPUやGPUの動作クロックに変化は見られなかったので、Windowsの電源モードと同等の機能と見てよさそうだ。

Mouse Control Centerからパワーセッティングを変更可能だ

 さらに、G-Tune H5-LCはシステムメモリーに「DDR5」を32GB搭載している点も見逃せない。メモリークロックは4800MHzで、そのメモリー帯域幅は38.4GB/秒を誇る。従来のDDR4-3200だと帯域幅は25.6GB/秒なので、それに比べるとG-Tune H5-LCは1.5倍の帯域幅を実現しており、高速なデータ転送が期待できる。さらに、ストレージには、NVMe接続のM.2 SSDを1TB搭載する。

CPU-Zからシステムメモリーの仕様を確認したところ

CrystalDiskInfo(Version 8.17.5)の実行結果

 ネットワークは、Wi-Fi 6に対応した無線LAN機能を有しているほか、有線LANが2.5GbEをサポートしている点も魅力的だ。 Bluetooth 5モジュールも搭載しているので、各種周辺機器を使用可能だ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう