週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

もっと前からあってもよかった

めちゃウマ!どん兵衛初の「冷しうどん」ちょっと手間だけどつるつる麺にハマルよ

2020年06月30日 17時20分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

こんにちは、アスキーグルメのナベコです。雨だと心がくもってしまいがち。おいしいものを食べて晴れやかに過ごしたい!

 日清食品は「日清の汁なしどん兵衛 冷しぶっかけうどん」を6月22日から発売中です。193円(税抜)。

 どん兵衛史上初の「冷しうどん」。

どん兵衛史上初

 湯切りしたうどんを冷水で冷してつゆをかけて仕上げる商品。

 なるほど、暑い日は温かいうどんではなく“冷し”が食べたいもの。でも、湯戻しした即席麺をわざわざ冷やすってどうなのでしょうか?

どん兵衛初の水で冷す「冷しうどん」を食べてみた

 「冷し」というと「冷しトマト」が好き。そんな私ナベコがさっそくどん兵衛の「冷しぶっかけ」を食べてみました。

買ってきました!

フタを開けると小袋が二つ

液体つゆは「フタの上で温めない」こと

お湯を入れて5分

 約370mlのお湯を注いで、待ち時間5分。

カップ焼きそばのように、湯切りします

 カップ焼きそばと同じように、湯切り口から湯切りした後、あらたに水を注ぎ、また湯切り口から捨てる。この、水を注ぐ→捨てるを3回繰り返します。

お水を入れる

捨てる

また、お水を入れて、切る。これを3回

 水の入れ切りを3ターンしてもまだちょっと温かい気がして、測ってみると30℃。

ただ、3回だとまだちょっとぬるいかも(水温によりけり)

 そこで、さらにもう1ターン水を入れ切りしました。

水を入れて、ちょっと振ったりすると冷えやすいはず

 温度は27℃ちょっとに。そんなものでしょうか。

最終的に、27.1度に

 何度も水を切るため湯切り口の隙間から、かやくのネギ、わかめがいくぶんか出てしまいました。ん~、やはり水で冷やすぶん時間がかかるし、ロスが出やすいのもいなめません。

ネギ、ワカメが入っています

 後入れのつゆを注ぎ、トッピングを最後に振りかけて出来上がり!

おつゆを入れて

ふりかけ(揚げ玉、ごま)をトッピング

できあがり!

 ところで、本商品は「温」でもおいしくいただけるそう。温の場合は湯戻し時間を4分に短縮し、1回湯戻ししたらすぐにつゆとトッピングをかけて仕上げます。

麺のつるつるさが際立つ!

いただきまーす!どうでしょうか?

 どえらく、つるつる。

 箸で麺をつかんだ写真を撮ってはみたものの、コレちょっと大変でした。つるっ、つるっとしているし、即席麺らしい平たい麺というのもあって、箸からすぐに逃げていこうとします。

ツルツルで、この写真も撮るのたいへんでした

 もちろん、すべってつかめないほどではないです。ただ、箸上げを固定するのが大変(関係ない人も多いかな)。

 もともとつるみがあるどん兵衛の麺が、水でしめたことによって表面がより滑らかになったようです。

 つゆの味は濃い“めんつゆ”といった感じ。けっこう甘い!

甘じょっぱいつゆでいただく、おやつのような冷しうどん。ショウガの風味もそそる!

 つるつるといただくと、ああ、なるほど。

 駄菓子屋で売られている麺菓子のようなイメージ。味が濃ゆくってちょっとチープな感じもありつつ、自分のイノセントな部分に訴えてきて止まらなくなる!

揚げ玉のカリカリ食感と、麺のつるりとしたなめらかさが良い!

 つるつる麺とカリカリ揚げ玉が良いコントラスト。つる、カリ、つる、カリとした食感で口の中が楽しい。

濃いめの味でジャンクさがイイ!おやつ感覚で食べられる

 麺は時間が経つにつれて中までつゆが染みてきて、このように茶色っぽくなっていきます。甘じょっぱさがさらに濃くなって、それもまたいいお味。例えば、そう、全然違うジャンルですが、もんじゃ焼きを最初に食べた時のような感動があります。

 ウッマー。

 なんだ、どん兵衛の冷しぶっかけ。めちゃくちゃおいしいぞ。こんなにおいしいなら、もっと早く出てきていてもよかったのに、と思うくらい。

 ただ、書いたように、上品な味わいというよりかは親しみやすいおいしさ。「〇〇と〇〇のハーモニーが…」「滑らかな余韻が…」などいうのとは違います。つゆの濃さが決め手で、ちょっとジャンク味さえあるヤミツキ系商品。

気になるカロリーは1食441kcal

 食後感は軽めなので、お腹が減った時にガッツリいただく一品ではなく、おやつ感覚で軽食として食べるとか、食欲がない時にだましだまし食べる一品に良さそう。

 かといって、とりわけ低カロリーというわけではなく、一食441Kcalと即席のカップうどんとしては標準的ですが。

 カップうどんの「冷やし」というと、東洋水産のカップ麺マルちゃんシリーズからも「冷しぶっかけうどん」が今年から登場。今年の夏、冷しカップうどんがトレンドになるかも。マルちゃんの商品も食べてみて比較したいなと思いますので、どうぞご期待ください。

マルちゃんの冷しぶっかけうどんとも今度比べてみます

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう