週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

輸入業者直営の酒屋&バルだよ

10万円以上のワインを試飲可能!銀座「リッチテイスティングBar」

2016年06月28日 11時00分更新

 最近、ワインのおいしさに目覚めてきました。いろいろなワインを飲んでみたいという渇望がメキメキ。ですが、ワインの世界は奥深い。高価なものになると小売でもボトルうん10万円と、目が飛び出してしまいます。そんな高級ワイン、しがないアスキーの記者である私は一生口にすることができないのだろうな。

 そう憂いていたら、銀座で今話題の商業施設「東急プラザ銀座」には、10万円以上の高価なワインも少量“試飲”させてくれるスポットがあるとききました。

 試飲とは、記者が最も好きな言葉のうちのひとつ! さて、はたして無料で飲めるのでしょうか。

試飲用のサーバーを備えた TOKUOKA WINE&GOURMET GALLERY

 高級ワインを試飲できるのは東急プラザ銀座の地下2階にある「TOKUOKA WINE & GOURMET GALLERY GINZA」。

正面は飲食スペースです

 老舗輸入会社・徳岡の酒屋とバルが併設した業態になります。店内正面には飲食スペース。中に進むと、ファッションブースのように美しく並んだワインの数々。奥に入ると、近未来的な円柱状のワインのサーバーが2つ並んでいました。

円柱状のショーケースにワインがたくさん!! これがサーバーなのですね。近未来的

 サーバーはまるでワインのショーケースのよう。ひとつひとつ異なるワインのボトルの銘柄を見ていくと……。

おや、これは

 ええー、シャトー ブリオン!? 一流ワインの代名詞です。

 価格は…………。おおおお。21万円!!

さすがにお高い、です

 鼻字が出る価格です。自分の今の経済力ではとうてい買えない。いや、2年くらい貯金すればなんとかなるかな(買う気か)。

 ほかにも1本数万円から10万円台のワインが、サーバーにつき16本、計32本並んでいました。これが高価なワインの試飲スペース。これぞTOKUOKAの「リッチテイスティングBar」なのです。

10万円級のワインを1000円台で試飲できる!

 さっそく試飲したいと鼻息を荒げましたが、各ワインにはこんな表示が。

ワインごとに試飲用の表示がありました

 10ml、25ml、50mlと、それぞれ価格が書かれています。そう、試飲はけして無料ではないのですね。飲む量で価格が決まっています。

 なんだ、無料ではないのかと肩を落としましたが、考えてみると当然。10万円以上のワインを無料で振る舞ったらお店は大変なことになります。

窒素ガスで酸化を防げるから、毎回、栓を開けたての状態でワインをグラスに注げます

 しかも、有料でも高価なワインを少量飲めるところなんて、めったにありません。というのも、ワインは栓を抜くと鮮度が落ちていってしまうため。窒素ガスで密封状態を保てる最新のサーバーだからこそ、少量ずつのテイスティングが可能なのです。

初回チャージが3000円以上であれば入会金無料

 まず、専用のプリペイドカードが必要。チャージは1000円ごと。通常500円の入会費がかかりますが、初回3000円以上のチャージをすると入会費無料。カードはポイントカードも併用するため、店内でワインを買ったポイントを試飲用のチャージに加算することもできます。

サーバーはチャージしたプリペイドカードを入れて利用します

 つくったカードをサーバーの上部に差し込むと、チャージ額内で試飲が可能になります。一回ごとにお金を取り出さずに済むのがシステマチックでステキ。

第一級ワインとして名高い、シャトーラフィット ロートシルトを試飲します!

 さて選んだのは「シャトーラフィット ロートシルト 2008」。フランス、ボルドーの第一級のワインです。2008年のヴィンテージボトルにはこの年の中国でのワイン生産スタートを記念して漢数字の“八”が書かれています。

ワインボトルには異色な漢数字が。末広がり、という意味もあるそうです

 価格は、ボトルで16万円。これが試飲だと10ml2930円。

うっひょー! 16万円。高級

 正直、10mlで約3000円もなかなか思い切りが必要な価格ではありますが、ボトルごと買うと考えれば大した額ではありません。

10mlでも約3000円とは

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう