週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アキバで100種類のワインが4時間飲み放題

この連載は日々変化し続ける秋葉原の街の、ちょっとおもしろくて、ほんの少しだけ役に立ちそうな情報を紹介するコーナーです。

アキバに世界9ヵ国のワインが集結
約100種類が飲み放題!

11月10日(土)~月11日(日)の2日間、ベルサール秋葉原1階特設会場にて、世界中のワインが集まる日本最大級のワインフェス「ワールドワインフェス2018」が催されます。その内容は、世界9ヵ国の約100種類におよぶワインを、最長4時間も飲み放題で楽しめるイベント。お酒好きなら見逃せないワインの祭典の詳しい内容はこちら。

会場内には世界から集まったワイナリーのブースがずらり

 フランスやイタリア、スペインといった世界9ヵ国のワイン生産国から、10~11日の両日合わせて39ものワイナリー(醸造所)のワインが集合します。その数はおよそ100種類。そのうち26のワイナリーからは生産者や醸造家が来日し、会場で直接ワインをふるまってくれるとのこと。

 実際にワインの醸造にあたった方の手で注いでもらうワインは、ひと味もふた味もおいしく感じられるのではないでしょうか。生産者の思いや情熱に触れられる、またとない機会になりそうです。

ブースはフランス、イタリア、スペイン……と、国別に並んでいるのでわかりやすい

フランスから来日したワイナリー、ムタール(Moutard)氏(右)とアーサー・メッツ モンヴェルメイユ クレマン・ド・ロワール(A.Metz, Montvermeil Cremant de Loire)氏(左)。オススメのワインと一緒に写真を撮らせていただきました

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう