2014年05月10日17時30分

Xperia Z2&Z2 Tabletまとめ:auからZL2登場、スペック、実機レビューなど(新記事10件追加)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Xperia Z2まとめ

 auから発表された『Xperia ZL2』を加え、海外版『Xperia Z2』や『Xperia Z2 Tablet』両機種のスペック紹介、実機レビューなどをまとめました。

Xperia ZL2:SOL25

『Xperia ZL2 SOL25』

Xperia ZL2 SOL25:Z2相当の4K動画撮影機能のほかWiMAX2+にも対応(NEW!)

Xperia ZL2詳細レポート Z2との違いや進化した“POBox Plus”をチェック(NEW!)

Xperia ZL2&Z2 Tabletが日本導入、SmartBand SWR10は5月23日発売(NEW!)

 

Xperia Z2 Tablet:SOT21

Xperia Z2 Tablet

Xperia Z2 Tablet SOT21:10インチ世界最薄最軽量を更新!フルセグにも対応(NEW!)

Xperia Z2 Tablet WiFi版は5月31日から発売 純正アクセサリーも7種類登場(NEW!)

 

Xperia Z2

Xperia Z2とGALAXY S5、どちらが買いか実機でチェック:MWC2014

 MWC2014で発表されたソニーの『Xperia Z2』とサムスンの『GALAXY S5』。どちらも両者を代表するハイエンドモデルで、日本での発売も確実と思われます。となると、どちらを買うか悩むところですよね。そこで、現地でいち早く両モデルをじっくりと触って、両者の違いと推しポイントを筆者の個人的な視点からチェックしました。

▼記事はこちら
Xperia Z2とGALAXY S5、どちらが買いか実機で比較!

 

XperiaZ2まとめ

 ソニーからXperia Z2が発表されるや否や「アックン! Xperia Z2のイヤホン端子からハイレゾ出力されるかスグ調べて!」って連絡入って。好きなのかな……。

 というわけで、実機でチェックしましたよ。

▼記事はこちら
Xperia Z2のハイレゾ音源はUSB経由での出力でした

 

Xperia Z2まとめ

 ソニーモバイルはMWC2014において、『Xperia Z2』を発表しました。CPU、メモリーともにスペックがZ1よりも向上し、カメラや音に関してもソニーの技術が詰め込まれたフラグシップモデル。3月以降世界各地で発売開始とのことで、Xperia Z2の日本発売が気になるところです。

▼記事はこちら
最強のXperia『Z2』を発表 安価な価格帯の『M2』も

 

実機レビュー

Xperia Z2

 高音質の極めつけのハイレゾ音源への対応を、“ソニーが基本的に好き。”の君国氏が海外版で試してみました。

▼記事はこちら
Xperia Z2+DACアンプを使ってハイレゾ音源を聴いてみる!
(NEW!)

 

Xperia Z2の強化されたノイズキャンセル機能を使ってみる

 Xperia Z2に新搭載された“デジタルノイズキャンセリング”などの音響まわりの機能を、“ソニーが基本的に好き。”の君国氏が海外版で試してみました。

▼記事はこちら
Xperia Z2の強化されたノイズキャンセル機能を使ってみる
(NEW!)

 

Xperia Z2 ベンチマーク

 編集部に彗星のごとく現われた台湾版『Xperia Z2』。デジガジェ好きのみんなたちなら、すでに地獄副変によるファーストインプレッション(Xperia Z2が台湾からやってきたので開封とか日本語化とか:週間リスキー)をご覧いただいたかと思います。

▼記事はこちら
Xperia Z2はZ1より性能が劣る? 台湾版をベンチマークした結果
(NEW!)

 

ボックス
Xperia_Z2_Taiwan
↑あれ、3G版かと思ったらLTEのシールが……。

 副編ACCNのリスキーコーナー。海外版Xperia Z2の実機レビューです。

▼記事はこちら
Xperia Z2が台湾からやってきたので開封とか日本語化とか:週間リスキー
(NEW!)

 

Xperia Z2

 ソニーモバイルの魅惑のフラッグシップ『Xperia Z2』がついに発表されました。クアルコムの最新CPU“MSM8974AB”を搭載したことにより、Z1に比べて4K動画撮影機能など、おもに動画撮影機能が強化されています。

 そんなXperia Z2をバルセロナMWC会場のソニーブースにて触ってきたので、日本のみなさまにXperia Z2の写真多めでお送りします。

▼記事はこちら
Xperia Z2の見た目も中身を徹底チェックしてみた

 

Xperia Z2 Tablet

Xperia Z2 Tablet WiFi版

 厚み6.4ミリ(Ultraより薄い)でも驚異的なのに、439グラムという超軽量で度肝を抜いてくださったソニーさんていうかXperia Z2タブレットさん。ホント持った瞬間、大きさから想像していた感じと違いすぎで、アレ? と思ったほどです。薄くて軽くて、これなら10インチあっても持ち歩きたくなりますよ。

 で、コチラWiFiオンリー版もリリースされているんです、あまり知られてませんが。実機の展示はなかったのですが、疑り深いオッペンハイマーが会場で生まれついてのストーカーぶりを発揮したところ、奥のほうから持ってきてくださいましたよ。

▼記事はこちら
Xperia Z2 TabletのWiFi版はさらに軽かった

 

Xperia Z2 タブレット専用ソニー純正アクセサリー

 薄軽ビックリXperia Z2 Tabletですが、ソニーブースには純正アクセサリーもたくさん展示されていました。いずれも発売は本体よりしばらくあとになるとのことですが、せっかく実物に触れることができたのでXperia Z2 Tabletのレビューをお届けします。

▼記事はこちら
Xperia Z2 タブレット専用ソニー純正アクセサリー最速実機レビュー

 

XperiaZ2まとめ

 ソニーモバイルはMWC2014において、10.1インチのアンドロイドタブレット『Xperia Z2 Tablet』を発表しました。3月以降各地域にて発売予定とのことですが、日本でのXperia Z2 Tabletの発売は未対応とのこと。

▼記事はこちら
Xperia Z2 Tablet発表 10.1インチ防水防じんで世界最薄を実現

 

実機レビュー

Xperia Z2 Tablet WiFi版

 香港で発売され、EXPANSYSでも取り扱われているXperia Z2 Tablet WiFi版をお借りできたので、MWCではできなかった現行機種(日本・WiFi版Xperia Tablet Z)の6面と比較してみました。

▼記事はこちら
Xperia Z2 TabletとTablet Zの外観を細か~く比べてみた(NEW!)

 

Xperia M2

Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑本体サイズは71.1(W)×8.6(D)×139.6(H)mm、重量約148g。液晶の質はたいへんよく、いわゆるローエンド端末にありがちなチープな感じがまったくしません。解像度は残念だけど。

 これまでの感じからするに日本発売は、あまり期待できない『Xperia M2』ですが、週刊アスキーはさておき、こと週間リスキーなんぞを楽しみにしているあまのじゃくの巣窟である週アスPLUSでは、こちらもきちんとご紹介しないわけに行きませんな。

 いずれ実機を取り寄せ、じっくりレポートする日も来ると思いますが、まずハンズオンでの写真レビューをば。

▼記事はこちら
そっくり感満載Xperia M2実機レビュー

 

SmartBand SWR10

SmartBand

 ソニーモバイルはMWC2014において、リストバンド型ウェアラブル端末『SmartBand SWR10』を発表しました。3月以降各地域にて発売予定とのことですが、日本での発売は未対応とのこと。

▼記事はこちら
ソニーのウェアラブルデバイスはシンプルデザインのSmartBand SWR10

 

MWC2014まとめ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking