2013年09月28日20時00分

iTunesで週末に観たい映画「ジョブズ・インタビュー映画/ドキュメンタリー」編 |Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 9月28日に映画「スティーブ・ジョブズ1995〜失われたインタビュー〜」が公開されます。まずは東京・渋谷「ユーロスペース」を皮切りに、10月26日には大阪「梅田ガーデンシネマ」、京都「京都シネマ」ほかで順次公開予定です。

 jobsmovie

 1985年にAppleを退社後、約11年後の1996年に復帰するジョブズですが、まだNeXT社のCEOだった1995年に、米国の「Triumph of the Nerds」というドキュメンタリー番組に出演。その際の単独インタビューの映像が16年ぶりに見つかり、米国19都市で公開されたのちに日本でも上映が決まりました。インタビュー嫌いとして有名なジョブズが、自身の言葉で当時のAppleや未来について語る貴重な映像です。

 11月1日に公開される「スティーブ・ジョブズ」が待ちきれない方は、こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 今週は、本作の公開に合わせて、お勧めドキュメンタリー映画をセレクト。吉田編集長は「二郎は鮨の夢を見る」を、藤村編集者は「皇帝ペンギン」を選びました。

二郎は鮨の夢を見る
jobsmovie

 今回はドキュメンタリー映画ということでこの作品をチョイスしました。銀座の名店「すきやばし次郎」の店主・小野二郎さんを追いかけたドキュメンタリーです。ドキュメンタリー番組はテレビでもよくやってますが、映像がなんだか暗いという印象がありました。しかし、この作品は映像がとれもキレイです。BGMも控えめで、出演者の言葉が頭によく入ってきました。

 すきやばし次郎は、ミシュランガイドで5年連続三つ星の評価を受けており、小野二郎さんは87歳。ミシュランガイドに載っている料理人(シェフ)の中で最高齢だそうです。とにかく鮨に対する真摯な姿勢が映像からも伝わってきます。

 ひととおりのインタビューが終わったあと、鮨を握るシーンがBGMとともにスローモーションで映し出されますが、この鮨が非常にウマそうです。実際の板場では、男女でシャリの大きさを変えたり、客の利き手は食べ方によって鮨を置く位置を変えたりと、かなり細やかな気遣いも見られました。人によっては、じっと見られるのが嫌かもしれませんが。

 すきやばし次郎は六本木にも出店しており、こちらを任されているのは次男の小野隆士さん。ここで感心したのは、店の作りが本店とはシンメトリーになっているということ。小野二郎さんは左利き、小野隆士さんは右利きなのでこうなったそうですが、そこまで考えて店を設計するのですね。

 小野二郎さんのインタビューでは、87歳になってもモチベーションを失わず、鮨に情熱を傾ける理由、世代を交代する難しさなどが語られています。弟子であり長男である小野禎一さんがインタビューの中で話していた「続けてやれる才能」という言葉にも納得です。職人だけでなく何かを作る職業に就いているなら、この才能は大事です。そのほか、マグロの仲買人(Tune Dealer)や米の生産・販売者(Rice Dealer)のインタビューでも、鮨に対する熱い姿勢が伝わってきます。

 この作品を見ると、鮨を食べたくなることは間違いありません。店に行きたくなるところですが店のウェブページ(外部サイト)を見ると、9月2日の時点で10月の予約は満席でした。11月の予約は10月1日開始です(吉田)。

二郎は鮨の夢を見る
HD版レンタル:500円、SD版レンタル:400円
iTunes Storeで映画を見る

皇帝ペンギン
jobsmovie

 この作品は、皇帝ペンギンの子育てに焦点をあて、生まれたヒナが独り立ちするまでを追ったドキュメンタリー。オスペンギン、メスペンギン、ヒナペンギンの3羽が視聴者に話しかけているように作られたナレーションが印象的です。

 冬、皇帝ペンギンの子育ては、卵を産むのに適した生まれ故郷へ向かうことから始まります。海から氷の上に這い出て、気の遠くなる距離を大勢の仲間とともに並んで歩くのです。自分、家族、そしてヒナの命のために、迷いなく歩き続ける姿は圧巻です。

 子育て中は、大自然の過酷な状況が幾度となく襲ってきます。あまりの寒さに凍えて死んでしまったり、群れとはぐれ、飢えて死んでしまったり、天敵に襲われることも。ペンギンたちのたくましい姿を見ると同時に、悲しすぎる現実に胸が苦しくなります。

 でも、ヒナが生まれ元気に育っていくとき、すべての苦しみや悲しみは大きな喜びに変わります。たくさんのヒナがくっつき合って温め合う姿のかわいいこと!

 ペンギンたちの、まるで人間のような仕草に微笑ましく感じるシーンもありました。氷の上をツルっと滑って転んだり、行進中に前のペンギンとぶつかったり、求愛のシーンではオスを取り合ってメス同士が喧嘩をすることも。相手を見つけたときの愛おしそうな表情もまさに人間のよう。生き物も人間も、居場所は違えど同じように喜び、苦しみ、幸せを感じながら生きているのだと感じられた作品でした(藤村)。

皇帝ペンギン(日本語吹替版)
HD版レンタル:300円、SD版レンタル:200円
iTunes Storeで映画を見る

●関連サイト
・映画「スティーブ・ジョブズ1995~失われたインタビュー~」(公式サイト
・映画「スティーブ・ジョブズ」(公式サイト

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking