2012年05月21日18時00分

「Windowsの新しい1年が始まる」Microsoft CEOスティーブ・バルマー基調講演

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 日本マイクロソフトは5月21日、都内のホテルでWindows Partner Executive Summitを開催。同社CEOスティーブ・バルマー氏も来日し、日本におけるOEM各社の首脳陣が一同に介して、来たるべきWindows 8の出荷に向けて、強固なパートナーシップを再確認した。

 スティーブ・バルマー氏は、マイクロソフトの日本におけるパートナーのコミュニティーは、世界でも有数の団結力のある素晴らしいものだと賞賛。ひとつの夜明けを迎えようとしている今、Windowsの歴史の中でわくわくできる1年がこれから始まるのだと繰り返し主張する。

バルマー基調講演2012.05.21

 Windowsの再創造は、マイクロソフトにとっても、パートナーにとっても新しく、大きなチャンスになるだろうとバルマー氏。この1年だけでも、3億5000万台のWindowsPCが売れたことをアピールし、名指しは避けたものの、競合他社は6000万から7000万台だと、その圧倒的な台数差を誇った。いうまでもなく競合他社とはアップルにほかならない。

 バルマー氏は、マイクロソフトのビジネス基盤が、Windowsを中核に据え、Phone、Office、Xbox、Bing、skype、Azure、SQL、Dnyamicsに広がっているとし、これらの中で、PCはコンピュータ革命の中心的存在であり、それはまぎれもなくパートナーの貢献によるものだという。さらに、これからはテクノロジーの注力分野として、機械学習、フォームファクターとUI、クラウド、コアプラットフォームなどを挙げ、コンピュータが意図を読み取る世界の到来を示唆した。

バルマー基調講演2012.05.21

 これらの世界にはイノベーションが必須であり、日本はこれまで多くのテクノロジーイノベーションを生んできたことを強調。Windowsの再創造に際して協力をしてほしいと懇願した。

 加えてバルマー氏は、Windows 8が“トレードオフ”のない新製品として、タブレットからラップトップ、デスクトップまで、すべてのデバイスに最適な環境を提供するとし、スマートかつモダンなデザインで、Windows 7を基礎にした快適な環境によって、さまざまなビジネスの生産性と効率を上げていくのはもちろん、プライベートでも重宝されるようになるとした。

バルマー基調講演2012.05.21

 これから始まる大事な時期に、日本のエコシステムから新たなハードウェアが必要であり、パートナー各社の全面的な協力を得てこそ成功できるとバルマー氏。マイクロソフトの宣伝活動でも、過去最大規模の20億ドルをかけてWindows 8をプロモートすることを約束した。

 これまで明言してこなかったWindows 8の発売時期についても、今年の後半、プリインストールで提供が可能であるとはっきりと述べ、これまで25年以上、パートナーとがんばってきたから今があり、そのサポートに感謝するとともに、先にお礼をいっておきたいと、これからの25年もよろしく、必要なことは何でもサポートするとして基調講演を終えた。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking