2012年02月21日10時00分

『町山智浩の本当はこんな歌』 14曲目はスマッシング・パンプキンズの『ディスアーム』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

町山智浩の本当はこんな歌

 意味も知らずに口ずさんでいた有名の洋楽の本当の意味を、映画評論家の町山智浩さんが紹介していく週アスの人気連載。14曲目はスマッシング・パンプキンズ(Smashing Pumpkins)の『ディスアーム』(Disarm)を取り上げます。
 

ビリーが望まれて切り捨てた幼子とは?

 歌詞の内容が別の意味(大抵、悪いほう)に取られ、物議を醸す事態になる話は連載でも何回か紹介しましたが、今回も保守派による被害を受けた楽曲。スマッシング・パンプキンズのボーカル、ビリー・コーガンの自身の少年時代を歌った『ディスアーム』は、中絶を歌ったものとされBBCでは放送禁止になってしまいます。

 しかし、この曲の本当の意味は、父親に向けた憎しみを、慈悲に満ちた思いで歌ったもの。なぜ歪曲されたのか? 歌詞にある切り捨てた幼子とは? 少年時代の焼けるような日々とはどんな生活なのか? 町山さんがビリー・コーガンの生い立ちとともに解説しています。憎しみの果てにある、父親との和解は胸を打ちます。週刊アスキー3月6日号(2月21日発売)に掲載です。

14曲目は『ディスアーム』 
町山智浩の本当はこんな歌

『Disarm』
(アルバム『Siamese Dream (Remastered)』の6曲目に収録)
iTunes Store価格:150円
(c) 2011 Virgin Records America, Inc.. All rights reserved. Unauthorized reproduction is a violation of applicable laws. Manufactured by Virgin Records America, Inc., Capitol Records, LLC, 150 Fifth Avenue, New York, NY 10011.
ダウンロードはコチラをクリック!
Disarm - Siamese Dream (Remastered)

 今回は、週アス本誌で紹介したジャケットとは違う、リマスター版を掲載します。どうも控えめな音との評判ですが、澄んだボーカルや美しいメロディーにはなかなか合っているようなので、ぜひ聴いてみてください。

町山智浩の本当はこんな歌

 次回は、アンチ・クライスト・スーパースターの登場です!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking