2010年08月10日22時40分

【週間リスキー】ドコモ+iPhone4の動作を動画でチェック! SIMロックフリーiPhone4でいろんなSIMを試す

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 SIMロックフリー版iPhone4を香港の闇商人Y氏が送ってくださいました。さっそく、いろんなSIMを試してみましょー!

iPad同様、技適マークなし お、設定画面に発見!
iPhone4FreeSIM iPhone4FreeSIM
↑またしてもリスキーでやらねばならぬのか……。 ↑ジャパーンあるじゃーん! じゃ、今回は堂々とやっていい……のよね!?
まずは日本ぽよんの黒SIMから
iPhone4FreeSIM
すんなり認識
iPhone4FreeSIM
↑ん〜、日本版に刺したのとなんも変わらんとです。
MMSもオッケー
iPhone4FreeSIM
↑SMSはもちろん、MMSもフツーにやりとりできました。
次、iPad 3Gの白SIM行ってみよー
iPhone4FreeSIM
フツーに認識するケド
iPhone4FreeSIM
↑認識して電波もつかむんですが……。
ネット接続できず
iPhone4FreeSIM
↑APNがぽよんと違いますからね。しかし、APNの設定画面が出せないのですよ。
iPhone構成ユーティリティでAPNをつくる
iPhone4FreeSIM
↑以前、SIMロックフリー版iPadに通信電池を挿入し、Webアクセラレーターをオンにする際にも利用したやつです。
設定プロファイルをぽよんに転送
iPhone4FreeSIM
↑PC側で設定したら、iPhoneで受け取れるメールに転送するなどして、設定値を適用します。
よし、つながった!
iPhone4FreeSIM
↑iPad 3Gの白SIMもSIMロックフリーのぽよんで活用することができました。むろん、定額も動作も保証するものではございませんよ。

 さて、日本通信が今月中にSIMロックフリーのiPhone4で利用できるmicroSIMの提供を公言しましたね。通話対応版が3785円、データ通信専用版が2980円になると案内されています。速度制限に関してはまだ言及されていませんが、私個人の意見としては、制限はあると思います。だって、現行のU300(talkingSIM)とほぼ同額ですからね。とりあえず、U300で感覚を試してみましょう。

さぁ、最後に通信電池です!
iPhone4FreeSIM
↑日本通信の通信電池(b-mobileSIM U300)をチョッキンしたやつです。
圏外表示だが無事認識
iPhone4FreeSIM
↑talkingSIMのチョッキンだったらおそらく電波表示も正常に出るでしょう。
APN設定をします
iPhone4FreeSIM
↑iPad 3Gの白SIMのように、APN設定が出てこないということはないです。構成ユーティリティを用いず、端末側だけでAPNを入力できました。
つながるけど遅い!
iPhone4FreeSIM
↑ん〜、無事つながりましたが、やはりiPhoneの解像度で300Kの速度制限では表示が時間かかるようですね。とても待てまへん……。
Webアクセラレーターをオン!
iPhone4FreeSIM
↑というわけで、結局iPhone構成ユーティリティの出番です。やりかたはSIMロックフリー版iPad 3Gのときとまったく同じです。過去記事読んでチョ☆
かなり快適に♪
iPhone4FreeSIM
↑うん、これならウェブを見るくらいならまったく問題ないですね。

通信速度は?

 下は専用ソフトによる通信速度のベンチ結果です。左がソフトバンクの黒SIM、真ん中がU300、右がU300のアクセラレーター使用時。ベンチだとアクセラレーターが素の状態より遅いんですが、実際にブラウザー上で表示速度を比較すると、アクセラレーター使用時のほうが断然速い。特定の画像を圧縮していることに関係していると思われます。

SoftBank U300 U300+Webアクセラレーター
iPhone4FreeSIM iPhone4FreeSIM iPhone4FreeSIM

 日本通信のmicroSIMの速度制限が仮に300Kだったとしても、Webアクセラレーターを使用すれば、そこそこ実用に耐えうると私は思います。むろん、300K以上にすべきと思いますし、そう願っていますが、現行ラインとのバランスも難しそうです。1Mを切るくらいだったら、アクセラレーター必須となるでしょう。アクセラレーターを用いると、画質は荒くなりますが、iPhone4は高解像度なので、拡大しないとあまり気になりませんでした。

アクセラレーターOFF アクセラレーターON
iPhone4FreeSIM iPhone4FreeSIM

機材協力●キヤノン『iVIS HF S11』、ソニー『VAIO Fシリーズ

 上の動画はU300+アクセラレーターと、ソフトバンク版iPhone4を並べ、動作比較をしたものです。バンクの回線のほうがもちろん早いのですが、相変わらず安定しないことが多い。特定のページが開けないなんてことが何度かあったのですけど、FOMA(通信電池)はいつも安定してました。エリアの充実度は言わずもがな、ですね。ただ、U300に関しては、コンテンツをまるごと表示するようなウェブページだと画像が圧縮されず、アクセラレーターの効果がまったく得られないので、すさまじく遅くなることもあります。

 以上、久々にお届けしました週間リスキー、いかがでしたでしょうか? ご意見、ご質問などは直接いただけましたら幸いです。SIMロックフリー版iPhone4向けmicroSIMに関しては、追って続報をお届けしたく思います!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking