週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

最大1万2000円ぶんのデジタルギフトが必ずもらえるキャンペーンも実施中!

ソリダイム、初の個人向けSSD「P41 Plus」!待ってたんだよインテル系譜のPCIe 4.0モデル

2022年10月05日 11時00分更新

2TBモデルのSLCキャッシュはSSD 670pに近い?

 次はSLCキャッシュを見てみましょう。SLCキャッシュとは、「ある程度の書き込み容量」に対しては、QLCの空き領域をSLC化して高速化する技術です。この「ある程度」の容量はメーカーや製品によって異なり、またその時の空き領域でも変わることもあるのですが、安価なQLC NAND SSDはこの味付けが非常に大事になってきます。

 大きすぎてもキャッシュ超過時はフリーズに近いほどひどく減速してしまうし、小さすぎても単純にトップスピードで扱えるデータ容量が減ってしまいます。ゆえに、その味付けは製品の開発思想にだいぶ左右されるのです。

 ちなみに、SSD 670pのSLCキャッシュは固定容量+変動容量の2種類を備え、1TBモデルなら合計140GB、2TBモデルなら合計280GBでした。P41 Plusは公式資料で明かしていないので、今回はベンチマークツール「HD Tune Pro」でどの程度の容量なのか探っていきます。

SSD 670p(1TBモデル)の結果

P41 Plus(2TBモデル)の結果

 上記のグラフでは、オレンジ色の書き込みの線に注目してください。SSD 670p(1TBモデル)は公称では合計140GB程度のはずが、122GB付近でがくんと速度が落ちています。ここでSLCキャッシュが切れたということですね。空き領域によっても、SLCキャッシュの容量は変わるので妥当な値だと思います。速度はSLCキャッシュ内では1500MB/s~2000MB/s、キャッシュが切れると220MB/s程度なのでこちらも公式スペック通りの挙動と言えます。

 一方で、P41 Plus(2TBモデル)は260GB付近まで2500MB/s~2800MB/sで推移。SLCキャッシュ容量はSSD 670pの2TBモデルに近い印象です。SLCキャッシュが切れると250MB/s程度まで落ち込みますが、SSD 670pの1TBモデルよりもはるかにトップスピードが維持できているので大満足です。まあ、一気に250GB以上書き込む用途もほぼありませんし、あってもゲームぐらいですかね。それでも大型タイトルで100GB程度なので大丈夫でしょう!

ゲーミングではメリットあるの?

 となると、ゲーミング運用時の性能も気になるところ。そこで、定番ベンチマークソフト「3DMark」の「Storage Benchmark」も試してみました。こちらは「Battlefield V」や「Call of Duty: Black Ops 4」など、実際のゲームを動かした際のデータの読み書きをモデル化したデータを使って、そのパフォーマンスをスコアー化してくれます。

SSD 670p(1TBモデル)の結果

P41 Plus(2TBモデル)の結果

 結果は1.2倍の差で、P41 Plus(2TBモデル)の圧勝でした。なお、こちらも一応Solidigm Synergy Storage Driverを適用してみましたが、2672スコアーとわずかながら上記のデフォルト(2628スコアー)よりも伸びたことを確認しました。少しでも速く運用したい人なら、Solidigm Synergy Storage Driverは積極的に導入すべきでしょう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう