週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

最大1万2000円ぶんのデジタルギフトが必ずもらえるキャンペーンも実施中!

ソリダイム、初の個人向けSSD「P41 Plus」!待ってたんだよインテル系譜のPCIe 4.0モデル

2022年10月05日 11時00分更新

2TBモデルでもキャンペーンで実質2万8000円台に

 ちなみに、キャンペーン期間(=購入期限)は2022年9月2日~2022年10月31日まで。応募期間は11月30日までなので、買ったら忘れないうちに即応募したほうがいいかもしれません。僕は速攻で応募しました。

キャンペーンサイトでは、Twitterのフォロー&リツイートキャンペーンも案内しておりました。こちらはソリダイム事務局アカウント(@solidigm_jp_ssd)をフォローして、「キャンペーン対象ツイート」と記載されている投稿をリツイートすると応募できるようです。ちなみに、こちらはP41 PlusやCore i7-12700K/KF搭載PC&P41 Plusのセットが抽選で当たるそうな

「誰でも必ずもらえる」デジタルギフトキャンペーンは、キャンペーンサイトの「応募する」から簡単な必要事項の記入で応募できます。その際、購入証明書のアップロード(画像かPDF)が求められるので、レシートや納品書はきちんと保管しておきましょう

デジタルギフトの額は購入したSSDや同時に購入したCPUやマザーボード、PCで決まります。僕の場合、P41 Plusの2TBモデルなので、3000円ぶんもらえます。つまり、3万1480円が実質2万8480円になるわけです。うへへ、こりゃおいしい

インテル系譜では待望のPCIe 4.0対応SSD

 P41 Plusのなにがイイって、そりゃやっぱりインターフェースがPCI Express 4.0(以下、PCIe 4.0)×4という点です。インテル時代の個人向けモデルはPCI Express 3.0(以下、PCIe 3.0)×4までだったので、インテルSSD大好きっ子としては歯がゆい思いでいっぱいでした。

 そして、P41 PlusはインテルのDNAを受け継いだソリダイムの製品。つまり、僕にとってはもはや「インテルからようやくPCIe 4.0対応個人向けモデルが出た!」と同義なわけですよ。まあ、社名が異なるので全然同じ意味ではないのですが、スペックや管理ツールなどからはインテルの系譜をひしひしと感じます。

 下記は近しいセグメントに位置する先行製品、SSD 670pとのスペック比較です。NANDメモリーは144層3D QLCで、保証期間も5年間と共通点があります。それでいて、P41 Plusでは速度はもちろん、総書き込み容量も向上しています。

どちらも144層3D QLC NANDを採用している点がいかにもインテル系譜ですよね。インターフェースのPCIe 4.0×4化で、P41 PlusはSSD 670pよりも速度が大幅に向上しています

 僕は今回SSD 670pの1TBモデルからP41 Plusの2TBに鞍替えします。となると、シーケンシャルリードは3500MB/sから4125MB/sへ、シーケンシャルライトなら2500MB/sから3325MB/sへジャンプアップすることになります。いずれも公称の最大値ではありますが、インテル時代でも「CrystalDiskMark」なら概ね近しい値が確認できた(このあたりも実は気に入っている理由)ので期待大です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう