週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ジサトラインテル担当、謎のSSDブランドと出会う

インテルSSDが転生した!? 新会社「Solidigm」(ソリダイム)ってどんな会社?

2022年03月04日 11時00分更新

 春が近づくのを感じさせる陽気が気持ちいいある日。自作虎の巻こと「ジサトラ」のメンバーである私、ジサトラユージが編集部を訪れると、先輩のジサトライッペイが、PC画面を見ながら首をひねっていた。

 外の晴れやかな天気とは対照的に、珍しく難しい顔をしているジサトライッペイ。愛用のトラマスクもどこか遠くを見つめて考え込んでいるように見える。その様子が気になり、声をかけてみた。

「ほら、コレ見て」とPCの画面を見せられる。ちなみに、ジサトライッペイが仕事で使う会社貸与のPCは画面が小さめなのでちょっと見づらい

ジサトラユージ:イッペイさん、どうしたんですか。トラにつままれたような顔をして。

ジサトライッペイ:それを言うならキツネだし、キツネとトラじゃつままれたときのダメージ違い過ぎるだろ。いやそんなとことはどうでもよくて、ユージ、ちょっとコレ見てコレ。
 

 そう言って彼が見せてきたのは、大手ショッピングサイトAmazonのページ。SSDの製品ページが映っている。インテル担当のジサトライッペイもなじみ深いインテル製SSDのページだが、しかし、そのブランド名には「Solidigm」という文字が。

Amazonの製品ページには、「(旧インテル)」という表記が

ジサトライッペイ:今、検証用に使うSSDを探してたんだけど、見慣れた製品画像の横に、見慣れないブランド名があって……このSolidigmって知ってる?

ジサトラユージ:え!イッペイさん知らないんですか!? 今、インテルのSSDってSolidigmブランドに変わってるんですよ。

ジサトライッペイ:え!そうなの!?
 

 実はインテルのNANDフラッシュメモリー事業は、昨年事業売却されている。それを引き継ぐ形で設立されたのが、カリフォルニア州サンノゼに本社を置くSolidigmという会社だ。同社が発足したのは、2021年の12月30日。まだ設立間もないこともあり、アスキーのインテル担当であるジサトライッペイも、これは初耳だったらしい。

 私、ジサトラユージは、折しもこの数日前にSolidigmの担当者の方とお話しする機会を得ていた。ここは1つ、そのとき聞いた会社のことを教えてあげるのが、普段お世話になっている先輩に対する礼儀というものだろう。
 

ジサトラユージ:イッペイさん、僕この間Solidigmの方に話聞いてきたばっかりなんで、Solidigmについて教えてあげますよ!

ジサトライッペイ:え?いや、俺ほかの仕事あるんだけど……

ジサトラユージ:任せてください!!
 

 日ごろの恩義に報いるためにも、ここは後輩として一肌脱ぐべし。ジサトライッペイも心なしか迷惑そうな顔をしているように見えるが、たぶん気のせいなので、Solidigmについてしっかり紹介していこう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう