週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

満足度高し(とろろは付かなかったけど)

「ねぎし」の厚切り牛たんを自宅で!「ねぎしセット」をUberEatsでデリバリーしてみた

2021年04月21日 10時30分更新

 こんにちは! おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター“やまお”こと山口真央です。

 元気なことだけが取り柄の私ですが、最近は春の忙しさに右往左往しておりまして……。忙しいとごはんを手抜きにしてしまいませんか。私はどうしてもインスタントラーメンや手軽な市販のパスタソースに頼りがちです。

 たまにはおいしいものを食べて、元気をチャージしないと。そのためならば、少しの出費は致し方ない! そう思って見つけたのが、そう、私のごほうび「ねぎし」です。

 今日はちょっと贅沢に、「牛たん」をいただきます! ねぎしをレッツデリバリー!

「ねぎし」の牛たんをデリバリー
ちょっと贅沢な「ねぎしセット」の満足度は?

牛たん、とろろ、麦めしの「ねぎし」
※画像は公式HPから

 都内ではよく知られた牛たん専門店「ねぎし」は、1981年に歌舞伎町で1店舗目をスタート。現在は東京に37店舗、横浜に4店舗を構えています。

 当時の牛たんはお酒のおつまみというイメージが強く、男性のお客様が多かったのだそう。女性のお客様にも楽しんでもらえるようにと、健康的なイメージのある「とろろ」や「テールスープ」と一緒に提供したのが始まりなんだそうです。

「ねぎしセット」をデリバリーしました!

 今回は定番中の定番「ねぎしセット」をUberEatsで注文。価格は1800円でした。毎日のようには食べられないけれど、たまにの自分へのご褒美として……!

デリバリーの「ねぎしセット」はとろろがつかないんですね。ちょっと誤算

 セット内容は、白たん5枚、麦めし、テールスープ、温泉卵、おみ漬け、味噌なんばん。これだけがセットになって1800円なら充実した内容だと思えます。ちなみにとろろはついてませんでした……。ねぎしのとろろ、おいしいので今度は別に頼むことにします……。

厚切りの「白たん」は納得のおいしさ!

 ではさっそく、メインの「白たん」をいただきま~す! ねぎしの白たんは、牛たんの中でもほどよい食感が楽しめるという“たん元”に近い部位を厚切りにしています。

 しっかりとした歯ごたえの奥に広がる、香ばしい焼きの香り……。少しずつ噛み締めていくと、途中でスッと口の中に消えていく感覚があります。食べやすいように切込みを入れたお肉は、塩コショウの味付け後、一晩味をなじませているんだそう。さすが牛たん専門店だけあって納得のおいしさ!

プチプチの麦めし

 おいしいお肉に欠かせないのが、おいしいごはん。麦めしは、噛み締めるとプチプチとした食感が楽しい! 白米より甘さが控えめなので、牛たんの味を損なうことなく、うまく調和してくれます。

ねぎしならではの副菜も〇

 箸休めにうれしいのが、「おみ漬け」と「味噌なんばん」。おみ漬けは山形の青菜(せいさい)を使用し、シャキシャキとやさしい塩味……。対して味噌なんばんは唐辛子の味噌漬けのこと。辛いのが苦手な私でもお肉の合間にいただきたくなる! そんなピリ辛箸休めです。

とろろじゃなかったけど、温泉玉子が付いてました

 とろろの代打なのか、温泉卵つき。ごはんにかけてもよし、そのままいただくもよしです。小さなお醤油の小袋がついていました。

ねぎしといったらテールスープ! うれしい~!

 そして私が大好きなテールスープ。牛のしっぽを長時間かけて煮込んだやさしく深い味わいのスープです。テールに含まれるコラーゲンは美肌効果もありますよ!

希少部位の牛たんで疲れも吹き飛びました!

 あ~~~、久しぶりにちゃんとしたお肉をいただいた気分です。心なしか疲れも吹っ飛んだ気がします。それもそのはず、ねぎしの白たんは牛たんが1kgだとしたら皮や硬い部分を取り除いた340gだけ。たった34%しかとれない、希少部位なんです。

 頑張った自分に、週後半も頑張りたい自分に「ねぎし」でご褒美をあげませんか?

※「Uber Eats」での注文の場合、商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう