週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

上上豚カレーを「Uber Eats」で買ってみました

名店のカレーをおうちで!肉も野菜もゴロゴロの「東印度カレー商会」をデリバリー

2021年06月09日 10時30分更新

 こんにちは! おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター“やまお”こと山口真央です。

 何度かこの連載でも取り上げている「カレー」。母の味であり、お店の味であり、老若男女問わず大好きな食べ物、それがカレーなのです。異論は認めたくないッ。

 最近自分の中で熱量高めなのが“お野菜ゴロゴロカレー”。野菜がしっかり溶けこんだカレーももちろん嫌いではないのですが、ゴロゴロと形を残した大きめの野菜にかじりつきたい! そんな私の欲求を叶えてくれるカレー、ありますか~~??

 ……ありました。店舗の前をよく通りかかって「いい香りがするな」と思っていたカレー屋さん、「Uber Eats」に対応してるじゃないの。今回は「東印度カレー商会」「上上豚カレー」をデリバリー!

不動前、築地場外で評判のカレー屋「東印度カレー商会」
テイクアウトやUber Eatsもやっています

※画像はUber Eatsから

 「東印度カレー商会」は、不動前にある総本店と、築地場外店の2店舗が存在。豚肉や野菜が“ゴロゴロ”と入っているカレーとして評判のようです。店内で食べるとカレーのルーはおかわり自由など、うれしいサービスも。

 デリバリーの他、店頭でのテイクアウトも行なっています。テイクアウト限定、不動前総本店のみで販売している「カレーおにぎり」は昼前に売り切れてしまうほどの人気っぷり。「カレーおにぎり」も気になるので、こちらも機会があったら買ってみたいです。

 今回は、定番メニューでもある「上上豚カレー」!

東印度カレー商会の定番メニュー「上上豚カレー」をデリバリー。

 届いたのはこちら。カレーのお供は「ライス」「ナン」「ハーフ&ハーフ(+150円)」「ライス大盛り(+150円)」から選ぶことができました。今回は「ハーフ&ハーフ」をチョイスしました。ライスとナンの両方付くので、ナンは単品のものより一回り小さめです。

いただきます!

 ではさっそく、ナンでカレーをいただいてみます~!

 カレーはサラサラで、スープカレーに近いです。中辛とありますが、想像以上にスパイシーでした。私は辛いのがそこまで得意ではないので、なかなか刺激的。辛さに弱い人はラッシーなどを買って手元に準備しておきましょう。

具が大きい!これがニンジン。

 ウワサには聞いていたのですが、ゴロゴロ野菜の“ゴロゴロ”レベルがもう桁違いなんです。ニンジン……これ3分の1本くらいあるのでは……!? 大きいからといって生のニンジンっぽいくさみがあるわけではなく、中までしっかりと甘いです。

タマネギ。

 タマネギは4分の1くらいの大きいものがドーン!!  よく見ると、一番外側の茶色い皮まであるのがわかりますか……? 最初このまま口に入れてしまって「これ皮だ……!」ってなりました。取り除いてから食べてくださいネ。

お肉。
こうもゴロゴロしているとうれしいですね。

 お肉もドドーン! 大きな豚はスプーンを入れるだけでほろほろと溶けていく感触。脂身もしっかりついているのですが、カレーと絡むことでギトギト感はなく、深いコクが生まれてきます……。

ジャガイモもこんなに大きい!

 ジャガイモは半分がまるっとはいっていますね! こちらも皮つきでした。 ちょうどよい薄皮加減で、このシーズンは新じゃがなのかな?と予想。

  お肉、野菜とどれもこれも大きくてゴロゴロ。特にジャガイモがしっかり形を残しているのがうれしく、ゴロゴロ野菜カレー好きにとってのパーフェクトでした~!!

具材がゴロゴロで大満足! 辛口の用意もあります!

 求めていたお野菜ゴロゴロカレーで大満足。ただし、スパイスがしっかりきいていて完食したあとは口の中がアッツアツ……! お水がたっぷりほしくなるカレーでした(笑)。

 東印度カレー商会は、この「上上豚カレー(中辛)」(1350円)の他、さらに辛さが上の「上上スパイシー豚カレー(辛口)」(1420円)も用意されています。辛さに自信がある人は、ぜひ「スパイシー」もチャレンジしてみては?

※「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう