週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Uber Eatsで「シラス丼」をデリバリー! 甘みがあるシラスを堪能しました~

2021年05月26日 10時30分更新

 こんにちは! おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター“やまお”こと山口真央です。

 梅雨も近づいてきて、春と夏をいったりきたりしているような気候ですね。私はというと、毎日湿気と比例して爆発する髪の毛と格闘しています……。

 それはおいておいて「今シーズンまだ食べていない春の食材」を考えていたところ、今年はまだ「春シラス」を食べていないことに気づきました。シラスは春と秋で年2回の旬がありますが、特に春のシラスは甘みが強く、やわらかな身が特徴と言われています。

 今回は、シラスを食べたい欲に駆られて「シラスが主役」“シラス丼”をデリバリー!

シラス丼に特化したデリバリー専門店ってご存じですか?

※画面はUber Eatsから

 「シラスが主役」は、都内を中心に数店舗を構えるデリバリー専門店。シラスをメインとした丼ものを多く取り扱っています。

 今回はシラスといくら、紅白のコントラストが美しい、「シラスいくら丼」をUber Eatsで注文しました。

「シラスいくら丼」をチョイス!

 届いた「シラスいくら丼」がこちら! フタにかわいい「THANK YOU」のメッセージが……! デリバリーって、こういうメッセージがささやかにうれしかったりしますよね。

 さっそくフタを開けてみました~! シラスといくらがこんもり乗っていて、そのコントラストが美しい……。散りばめられたかいわれ大根がさらに食欲をそそります。

 丼のほかにおしょうゆと生わさびつき。小袋だったので、私はこの他におうちにあるお醤油も追加で使いました。

シラス、甘みが強いです

 シラスはぷくぷくしていて、甘みがやはり強め! お醤油がかかることで甘みとうまみが融合……。鼻から抜けるシラス独特の香りが心地よいです……。

プチプチでうれしい!

 いくらはもちろんプチプチ! 口に入れることではじけるいくらと、トロッと流れ出るうまみがごはんに絡んでとてもおいしかったです。

 かいわれは若干のピリ辛。しらす、いくら、かいわれをそれぞれで味わうのはもちろん、「いくら×シラス」「シラス×かいわれ」「かいわれ×いくら」と組み合わせて口に運ぶのも楽しく、最後までペロリといけちゃいました。

シンプルな“シラス丼”は890円~

 今回の「シラスいくら丼」は1390円。「シラスが主役」では、このほかにも「シラスが主役丼」(890円)や「シラスと炙りサーモン丼」(1290円)など海鮮丼としては比較的リーズナブルな価格設定のメニューがたくさんありますよ!

シンプルな「シラスが主役丼」は890円

 春の気分でシラスを楽しみたいあなた! Uber Eatsで「シラスが主役」を探してみてくださいね~~。出前館にも出店しているようです! 

※「Uber Eats」での注文の場合、商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう