週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

手触りのいい爽快なアクションを楽しめるゲーム

刀からマシンガンまで使いこなす武芸達者な伝説のサムライ……それが『サムライジャック』!

2021年01月20日 18時00分更新

 2021年1月21日にDMM GAMESが発売するPlayStation 4/Nintendo Switch/PC(DMM GAME PLAYER)用タイトル『サムライジャック:時空の戦い』。本作は、日本でも2002年頃に放送されたカートゥーンアニメを原作とするアクションRPGだ。

 プレイヤーは主人公の「ジャック」となり、宿敵「アク」に立ち向かうべく、時空を超えてさまざまな世界を渡り歩いていく。価格は、PS4/Switch版が5478円、PC版が3980円となる。

 ストーリーはオリジナル展開で進み、アニメ版を見ていない人でも楽しめるようになっている。ただ、アニメ版でおなじみのキャラクターや世界も登場するため、アニメを見ている人はより楽しめるだろう。

 ちなみに現在、2021年1月15日よりカートゥーン ネットワークにてアニメのリマスター版が放送中。J:COM/スカパー!/ひかりTVなどに加入している人は、こちらもチェックしてみてほしい。

 今回はNintendo Switch版をプレイする機会が得られたので、その高いアクション性を中心にレビューしていきたいと思う。

■公式サイトはこちら

■『サムライジャック:時空の戦い』公式トレーラー

ゲームの目的は世界を渡り歩いて「アク」を倒すこと

 物語は主人公「ジャック」が、宿敵「アク」の娘「アシ」と戦っているところから始まる。仲間となったアシの能力で時空を移動するも、アクに邪魔されて「アクが支配する未来」で戦うことに。

「アク」の娘の暗殺者「アシ」。
ジャックを殺そうとするも、彼と心を通わせることで味方となった

アシの時間移動能力で撤退を図るも、アクの邪魔で未来へ落とされてしまう

 過去に戻る手がかりを探すため、アクに支配された世界を探索する。基本は3Dフィールドを歩き回るアクションゲームとなっているが、一部で視点固定の2Dビューになるなど、演出が凝っているのも特徴。

 基本アクションは弱攻撃と強攻撃、ジャンプにステップ回避とガードといったところ。後述する「スキル」を習得すると、より高度なアクションが解放されていく形だ。

敵を簡単操作でバッサバッサと斬り倒す爽快感! 難易度も4つ用意されているので、アクションが苦手な人でも腕自慢なプレイヤーでも楽しめる

プレイヤーを手助けしてくれる仲間たち。一緒に戦ってはくれないが、話しかけるとアイテムをくれる

アクに操られた元仲間。ガードや回避を駆使して倒し、アクの支配から解き放とう

 ボスを倒すと次の世界へと転移することに。このステージ移動を繰り返しながら、最後に待つアクとの最終決戦に備え、ジャックを成長させていこう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう