週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

30回テストでわかった各CPUの挙動とその理由

Core i9-10850K対10900K、1万円の価格差を動画エンコードやゲーム性能で徹底検証

2020年08月21日 11時00分更新

Horizon Zero Dawnでも性能差はわずか

 続いては重量級ゲームの例として、「Horizon Zero Dawn」を試してみた。画質は「最高画質」、1920×1080ドットで内蔵ベンチマーク機能を利用して計測する。5回の暖気運転の後30回サンプリングし、その平均値を比較してみよう。グラフ中で「Avg」とあるのは実際の画面の平均フレームレートで、「CPU-Avg」はCPUが処理する部分の平均フレームレート、「CPU-Min」はCPUが処理する部分の最低フレームレートを表わしている。

「Horizon Zero Dawn」1920×1080ドット時のフレームレート(30回平均)

 このゲームでもCore i9-10900KがCore i9-10850Kに対して1~2fps程度上回る結果を見せている。「100MHz高いクロックのおかげ」とも言えるが、この性能差で価格差1万円と考えれば、Core i9-10850Kのコスパの優秀さが際立つ。

 では30回のサンプリングで、それぞれのCPUがどのような結果を出したか追跡してみよう。

「Horizon Zero Dawn」1920×1080ドット時の平均フレームレートの出方を追跡したグラフ

「Horizon Zero Dawn」1920×1080ドット時のCPU側の平均フレームレートの出方を追跡したグラフ

「Horizon Zero Dawn」1920×1080ドット時のCPU側の最低フレームレートの出方を追跡したグラフ

 ビデオカードは原稿執筆時点で最強とされるGeForce RTX 2080 Ti搭載モデルを使っているとは言え、重量級ゲームで最高画質設定なのでかなりGPU Boundなシチュエーションではある。しかし、CPUのクロックの差異がはっきりと出ている。Core i9-10850KはCore i9-10900Kよりも2fps程度下という結果が安定して観測できた。少しでもフレームレートを上げるには、Core i9-10900Kのクロックの高さが有効だ、と言える結果だろう。

 ただし、ほかのプロセスの存在により差が縮まる、というRainbow Six Siegeの結論がそのままこのゲームにも当てはまることを忘れてはいけない。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう