週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

30回テストでわかった各CPUの挙動とその理由

Core i9-10850K対10900K、1万円の価格差を動画エンコードやゲーム性能で徹底検証

2020年08月21日 11時00分更新

 本日、販売が解禁された「Core i9-10850K」。コアやキャッシュまわりの仕様はCore i9-10900Kと同スペックだが、動作クロックを100MHz下げたデスクトップPC向け第10世代Coreプロセッサーの新モデルだ。クロックが微妙に変わっただけという評価が下ったCPUはこれまでにもたくさんあったが、基本はクロック微増+価格やや上乗せが基本だった。しかし、Core i9-10850KはCore i9-10900Kより1万円安い、6万2000円(税込み)で提供されるというこれまでに見られない展開になっている。

 本稿は速報記事「Core i9-10850Kは8/21に6.2万円で販売予定、7.2万円の 10900Kと比較したらほぼ同じ性能」の続報となる。「CINEBENCH R20」で見る限り、Core i9-10850Kの性能はCore i9-10900Kのすぐ下となるが、その差はあまり大きくないということがわかった。

Core i9-10850K。原稿執筆時点での予想実売価格は6万2000円前後(税込)だ

PL1=TDP環境でさらに詳しく検証

 今回の検証環境は前回のものを引き続き使用する。今回使ったIntel Z490チップセット搭載マザーボードの設定はファクトリーデフォルトに戻し、メモリークロックだけCPUの定格値の最大に合わせて検証している。すなわちK付きの3モデルはPL1=125Wとなる。

検証環境
CPU Intel「Core i9-10900K」(10C/20T、3.7~5.3GHz)、Intel「Core i9-10900」(10C/20T、2.8~5.2GHz)、Intel「Core i9-10850K」(10C/20T、3.6~5.2GHz)、Intel「Core i7-10700K」(8C/16T、3.8~5.1GHz)
CPUクーラー Corsair「iCUE H115i RGB PRO XT」(簡易水冷、280mmラジエーター)
マザーボード ASRock「Z490 Steel Legend」(Intel Z490、BIOS P1.20)
メモリー G.Skill「Trident Z RGB F4-3200C16D-32GTZRX」(CPUの定格で運用、16GB×2)×2
グラフィックス NVIDIA「GeForce RTX 2080 Ti Founders Edition」
ストレージ Western Digital「WDS100T2X0C」(NVMe M.2 SSD、1TB)
電源ユニット Super Flower「LEADEX Platinum 2000W」(80PLUS PLATINUM、2000W)
OS Microsoft「Windows 10 Pro 64bit版」(May 2020 Update)

マザーボードのBIOS設定はデフォルトで、メモリークロックだけCPUに合わせDDR4-2933とした。CPUのパワー設定はTurbo Boost Power Max(PL1)はTDPとなるように設定されている

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう