週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

30回テストでわかった各CPUの挙動とその理由

Core i9-10850K対10900K、1万円の価格差を動画エンコードやゲーム性能で徹底検証

2020年08月21日 11時00分更新

Rainbow Six Siegeでは僅差でCore i9-10900Kが勝利

 ここからは実際のゲームでの検証だ。まずは「Rainbow Six Siege」を使用する。APIはDirectX 11とし、画質は「最高」をベースにレンダースケールを100%に設定。ゲーム内のベンチマーク機能を用いて計測した。

 ここでも30回サンプリング(事前に5回の暖気運転を実施)しているが、CPUやGPUが冷えて結果が変わることを防ぐために、各試行は直前の試行が終わってから30秒で実施する、という手順を踏んでいる。

「Rainbow Six Siege」DirectX 11モード、1920×1080ドット時のフレームレート(30回平均)

 Rainbow Six SiegeもDirectX 11でマルチスレッドレンダリングを有効に使うため、コア数の少ないCore i7-10700Kではフレームレートが伸び悩んでいる。そして、同じ10コア/20スレッドなCPUの中では、TDP制限のキツいCore i9-10900が低めに出たが、Core i9-10900KとCore i9-10850Kは最低・平均フレームレートともにほとんど差がない。微妙にCore i9-10900Kが上になっている感じだが、薄氷の勝利と言えよう。

 では、Rainbow Six Siegeでも30回のサンプリング結果を見ていくことにしよう。グラフを見やすくするために、最低フレームレートと平均フレームレートでグラフを分割した。

「Rainbow Six Siege」DirectX 11モード、1920×1080ドット時の最低フレームレートの出方を追跡したグラフ

「Rainbow Six Siege」DirectX 11モード、1920×1080ドット時の平均フレームレートの出方を追跡したグラフ

 30回の平均値を取ると差異がないように見えていたが、推移を見るとCore i9-10900KのほうがCore i9-10850Kよりも安定してやや高いフレームレートを出していることがわかる。特に最低フレームレートはクロックの高いCore i9-10900Kのほうがより安定して高く出ている点に注目したい。

 ただし、Core i9-10900Kは常にこのような結果が出る、と断言することは残念ながらできない。同じ環境でもバックグラウンドにプロセスを少し残すだけでCore i9-10900KがCore i9-10850Kに負けることも珍しくない。常駐するツールを限界まで削れば、上のグラフのような性能差が出る可能性は高いが、DiscordやOBSなど、他のプロセスが存在すればするほどこの差はどんどん埋もれていくだろう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう