週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

30回テストでわかった各CPUの挙動とその理由

Core i9-10850K対10900K、1万円の価格差を動画エンコードやゲーム性能で徹底検証

2020年08月21日 11時00分更新

まとめ:動画エンコードやゲームでもCore i9-10900Kに極めて近い性能を発揮したCore i9-10850K、1万円安はかなりお買い得

 以上で実際のアプリやゲームにおけるCore i9-10850Kの性能を検証してみたが、驚くほどにCore i9-10900Kとの差は希薄だった。ゲームではわずかではあるがフレームレートの差を確認できたが、バックグラウンドプロセスの存在で容易に変動するレベルだ。そう考えると、明確にCore i9-10900KをCore i9-10850Kよりも速く運用するにはそれなりの手間をかけるか、発熱量増加を覚悟でPL1=無制限にするという方法を取るしかない。

 もちろん、Core i9-10850Kもバックグラウンドのプロセスを減らすとかPL1設定の工夫が必要なのは同しだが、実質的にCore i9-10900Kに極めて近い性能なのに1万円安いというのがなにより嬉しい。ハイエンドでなければダメという人でなければ、Core i9-10850Kは極めて有効な選択肢と言える。

 ただし、Core i9-10850Kをオーバークロック(以下、OC)した場合、Core i9-10900Kと差が出るかについての検証は時間的制約の都合上見送らざるを得なかった。Core i9-10850Kはダイの電気的特性から惜しくもCore i9-10900Kになれなかった製品だったという仮定が正しければ、Core i9-10900KのほうがOCでより伸びる可能性は十分あることを心に留めておきたい。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう