週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPad Proへのパススルー充電機能が便利

iPad Pro専用Magic Keyboardレビュー 打鍵感向上以外にもいろんな発見!

2020年04月20日 22時00分更新

トラックパッドの設定メニューから、ポインタのスピードやクリック時の動作が設定できる

サイズのバランスが良いトラックパッド

 トラックパッドは横が約10cm、縦が約5cm。フルサイズのキーボードと交互にスムーズに操作できる、バランスの良いサイズ感だ。iPad ProにMagic Keyboardを装着すると、設定アプリの「一般」のメニュー内に「トラックパッド」が加わり、ポインタのスピードなどが変更できるようになる。

 トラックパッドのマルチフィンガージェスチャー操作はぜひ使いこなしたい。アプリを起動中に、トラックバッドを3本の指で下から上に向かってスワイプするとホーム画面に素速く戻れる。

 キーボードとトラックパッドが使えるようになるとiPadのディスプレイに直接手で触れて操作する機会が減る。画面をきれいに保てる効果が使い込むほどに実感できた。

Apple Pencil、iPad Proのカメラを一緒に使いこなす方法

 iPad ProにMagic Keyboardを装着したまま、Apple Pencilはどのように使う方法がベストなのだろうか。iPad Proの画面に表示されるアイコンをペンシルで選択したり、画面のスクロールやラフに手書きのメモを加える用途であれば、ディスプレイを斜めに立てかけて、必要があればiPadに手を添えれば画面がぐらつくことはない。

メモツールなどにApple Pencilで走り書きをする場合などはMagic KeyboardにiPad Proを装着したままでも快適に作業ができた

 ただ、Magic KeyboardはSmart Keyboard Folioのように、iPad Proを装着したままヒンジを360度回転させることができないため、Apple Pencilで精度が求められる図面を描いたり、本格的なスケッチを楽しむ場合は一度iPad Proを外して、デスクの上に平置きして作業を続けた方が良いかもしれない。

Smart Keyboard Folioはキーボード側のパネルもぐるっとiPadの裏側に回せる。Apple Pencilで本格的にスケッチなどを楽しむ場合は、キーボードを外さずに作業ができるメリットがある

 同様にiPad Proのカメラを使う時にはMagic Keyboardをいったん取り外した方が身軽にはなる。ただ、装着したままでもキーボード側のパネルを両腕で挟み込んで構えるようなポジションが取れれば、裸のiPadを両手で構えるより手元のグリップ感は安定するのでおすすめだ。

Magic Keyboardのキーボード側パネルは開き、全体を手のひらから肘までの間の腕で挟み込むように構えると写真を撮る姿勢が安定した

Magic Keyboardのカメラ部分の切り欠き。きれいなボックス形状に切り抜かれている

2018年版のiPad Proを装着するとこのようになる

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう