週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPad Proへのパススルー充電機能が便利

iPad Pro専用Magic Keyboardレビュー 打鍵感向上以外にもいろんな発見!

2020年04月20日 22時00分更新

キーストローク1mmのフルサイズのキーボードを搭載。トラックパッドとサイズのバランスも良い

キーボードのタイピング感は期待通り

 キーストローク1mmのシザー構造のキーボードは、期待通りに打鍵感がとても心地よい。2020年モデルのMacBook Airと比べてキー自体の高さがほんのわずかに低いようにも見える。キーを打つと柔らかなバネ感が得られて、長時間タイピングを続けても疲労感がなかった。

シザー構造のキーボードは適度なフィードバックが感じられるため、長時間のタイピングも疲れにくかった

Smart Keyboard Folioのキーボード。スリム化を実現するためキーストロークは浅めに作られている

 トラックパッドが設けられたぶん、キーボード全体の位置がSmart Keyboard Folioよりも奥に移動するぶん、手のひらを休ませるパームレストの面積が広めに確保されている。これもまた疲労の軽減につながっているのだろう。

暗い場所に移動するとバックライトのイルミネーションが点灯する

 Magic Keyboardにはバックライトが搭載されている。Smart Keyboard Folioは会場が暗転する記者発表会に出かけた時などに時々、記号を探してしまうことがあった。Magic Keyboardを装着するとiPadOSの「一般>キーボード>ハードウェアキーボード」の中に輝度調整の項目が加わる。

iPadの設定からLEDバックライトの明るさが確認できる。左側にスライダーを振り切るとライトをオフにもできた

 バックライトの明るさはiPad Proの環境光センサーと連動しながら自動的に最適化される仕様が基本だ。スライダーの位置を左に振り切って輝度をゼロに設定するとバックライトがオフになる。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう