週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

キリンの地域限定一番搾りをひたすら飲んだ

47都道府県の一番搾りをブレンドしてみた結果

2016年06月27日 17時00分更新

最後はすべてをブレンドしてみた!

 編集部の面々は酔いました。もう一度言います。大いに酔いました。「これ全部混ぜちゃえばいいんじゃない?」と言ったのは太田さんでしたでしょうか。

 小心者も記者は、そんなむやみにビールを混ぜていったら化学反応で水素爆発が起きるのではないかと不安になりましたが、「やめてください」というか弱い声も届かず、悪乗りした男性部員の手になすすべはありませんでした。

酔っぱらっているからと言って……、そんな……、やめて……

 あれよあれよという間にブレンドされてしまったビール。そんな狼藉……。

 レギュラーのビールと色を見比べると、ブレンドしたもののほうが多少濃いです。“広島づくり”など、とても色が濃かったですからね。

16のエリアのビールをひとつのコップにブレンド。いわゆるブレンデッドビールというやつですよね。ほらウイスキーでよくききますよね

 適当に混ぜたビールを誰がおいしいと誰が思うでしょうか。ですが、これがとてもおいしかった!

 味が濃い! 旨みを強くしてつくったエールビールという感じで、キリンらしい澄み切った味わいも残しつつ、重層的な味わい。各エリアのビールについて旨いまずいと適当なことを言っていた編集部の面々ですが、みなこれには口をそろえて「おいしい」と評価。

 結論。複数のエリアのビールを混ぜた天下統一ビールは美味。嘘のようで本当の話。

アスキーにて命名、天下統一ビール。うまいっ

 今回は16エリアのみのブレンドでしたが、さらに異なるエリアの一番搾りを混ぜていくことで、どんどん味が研ぎ澄まされていくかもしません。みなさんもぜひ各エリア限定のビールを集めてみて、天下統一ビールをお試しください。それぞれエリア限定の商品なので(発売日も違う)集めるのにガッツが必要ですが、天下を取るために躊躇してはいけません!

 なお、一番搾りのシールを集めて47本セットの抽選に応募できるキャンペーンも実施中です。


【「47都道府県の一番搾り」発売スケジュール】
・第1弾/5月10日発売、9工場の所在県にて:北海道、宮城、茨城、神奈川、愛知、滋賀、兵庫、岡山、福岡
・第2弾/6月7日発売、17都府県にて:青森、岩手、秋田、千葉、東京、新潟、長野、岐阜、静岡、京都、大阪、鳥取、島根、広島、山口、熊本、鹿児島
・第3弾/8月2日発売、12県にて:山形、福島、埼玉、山梨、三重、徳島、香川、愛媛、高知、長崎、大分、宮崎
・第4弾/10月12日発売、9県:栃木、群馬、富山、石川、福井、奈良、和歌山、佐賀、沖縄

■関連サイト

訂正とお詫び:内容を一部修正しました。(6月28日)


ナベコ

寅年生まれ、腹ぺこ肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になるまでにストリップを見に行きたい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう