2019年03月14日22時00分

GeForce GTX 1660登場、3万円台前半Turingのコスパを検証

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

「Shadow of the Tomb Raider」はフルHDで平均65fps

 定番重量級ゲームとして消費電力テストでも使った「Shadow of the Tomb Raider」(以下、SotTR)でも試そう。DirectX 12モードを利用し、画質は「最高」、アンチエイリアスは「TAA」とした。内蔵ベンチマークモードで計測する。

ASCII
「Shadow of the Tomb Raider」DX12、1920×1080ドット時のフレームレート。
ASCII
「Shadow of the Tomb Raider」DX12、2560×1440ドット時のフレームレート。
ASCII
「Shadow of the Tomb Raider」DX12、3840×2160ドット時のフレームレート。

 ここまであえてGTX 960には言及しなかったが、さすがにMaxwell世代の廉価版ミドルとの性能差は圧倒的だ。VRAMが2GBと少ないせいもあって、どのゲームでもフルHD&最高画質ではかなり辛い。Apex Legendsでも平均60fpsに到達できない。今どきのゲームで遊ぶなら、そろそろMaxwell世代は卒業しよう。

 SotTRでもGTX 1660のほうが2倍半~3倍のフレームレートを出せる。GTX 1060はGTX 970のやや上だったという経験則を踏まえると、GTX 950~970までのユーザーならGTX 1660への乗り換えで大幅な性能向上を実感できそうだ。

「Battlefield V」はフルHDで60fpsをキープ

 次に試すのは「Battlefield V」(以下、BFV)だ。DirectX 12モードで、DXRやHDRは無効とし、プリセットの「最高」をベースに垂直同期や先行フレームレンダリングも切った設定を準備。シングルプレイヤー用キャンペーン「ティライユール」の2番目のステージ「平等」を利用し、一定のコースを移動した際のフレームレートを「OCAT」で測定した。

ASCII
「Battlefield V」DX12、1920×1080ドット時のフレームレート。
ASCII
「Battlefield V」DX12、2560×1440ドット時のフレームレート。
ASCII
「Battlefield V」DX12、3840×2160ドット時のフレームレート。

 DXRが無効でもVRAM使用量が非常に多いため、WQHDより上の解像度では、VRAMが3GB版以下のGPUはまったく動けない状態になる。画質を落とせばよいだけの話だが、高画質プレイ前提ならVRAM容量は6GB以上ないと辛いということがわかる。

 GTX 1060 6GB版でもフルHDならそこそこ動けるが、60fps維持を考えれば、GTX 1660がボーダーライン。可能ならGTX 1660 Ti以上が好ましいといったところだろう。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking