週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

GTX 1660 TiにGTX 1060 6GB版/3GB版、GTX 960 2GB版と比較

GeForce GTX 1660登場、3万円台前半Turingのコスパを検証

2019年03月14日 22時00分更新

「Far Cry New Dawn」はWQHDで力不足

 続いてはDirectX 11ベースの重量級「Far Cry New Dawn」で試してみよう。画質はプリセットの「最高」とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測した。アンチエイリアスは「TAA」としている。

「Far Cry New Dawn」1920×1080ドット時のフレームレート。

「Far Cry New Dawn」2560×1440ドット時のフレームレート。

「Far Cry New Dawn」3840×2160ドット時のフレームレート。

 フルHDではGTX 1060でも平均60fpsを超えられるが、最低フレームレートで60fpsキープが難しいのに対し、GTX 1660ならばなんとかキープできる。ただし、確実性という面から言うと、GTX 1660 Tiのほうがより安定するだろう。解像度をWQHDに上げると、GDDR5ベースのGPUは力不足感が出てくる。

「Forza Horizon 4」はWQHDでも平均60fps超え

 続いてはDirectX 12によく最適化された「Forza Horizon 4」だ。画質は「ウルトラ」に設定し、ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測した。グラフ中「GPU-」とある項目はGPU内部の処理フレームレート、実際に目に見えるフレームレートは「Avg」になる。

「Forza Horizon 4」1920×1080ドット時のフレームレート。

「Forza Horizon 4」2560×1440ドット時のフレームレート。

「Forza Horizon 4」3840×2160ドット時のフレームレート。

 GTX 1660はGTX 1660 TiとGTX 1060 6GB版の中間的な性能、という点は他のゲームと同じだが、GTX 1060 3GB版と6GB版に大きな溝がある点に注目。NVIDIAがGTX 1660でGTX 1060全体のリプレースを狙うのではなく、GTX 1060 3GB版のリプレースを狙うという明確なコンセプトを出しているのは、そろそろVRAM 3GBのGPUは時代に合わなくなってきたと認めたということだろうか。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう