2015年06月03日15時30分

第6世代のAPU『AMD Aシリーズ(コードネーム:Carrizo)』正式発表!その実力を解説:COMPUTEX 2015

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 6月3日、台湾で開催中のCOMPUTEX TAIPEIにてAMDはコードネーム『Carrizo』と呼ばれる第6世代のAPU『AMD Aシリーズ』の正式発表を行ないました。

 

AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑記者説明会で展示されていたリファレンスモデル。

CPUの型番は『AMD FX-8800P』

AMD-Carrizo_COMPUTEX2015

 AMDによると、PC市場のボリュームゾーンは、400ドルから700ドルとなっており、10万円以下のモデルが好まれているとのこと。特に400ドルから700ドルのノートPCがもっとも大きなシェアになっています。

AMD-Carrizo_COMPUTEX2015

  また、多くのユーザーはPCの使用目的として、ビデオや写真の管理といった“コンテンツマネージメント”、動画のオンデマンドやゲーム中継の視聴といった“ストリーミングビデオ”そして“オンラインゲーム”があげられます。こういった作業に最適化されたAPUが第6世代のAPU『AMD Aシリーズ』です。

 

AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑第6世代『AMD Aシリーズ』のラインアップ。
AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑第6世代Aシリーズの特徴は“SMOOTH”、“PREMIUM”、“INNOVATIVE”の3つ。

  ストリーミング動画については、ノートPC用のAPUとして初めてH.265に対応。フルHDを超える4Kや8Kの再生がスムーズに行なえるようになります。さらにH.265再生時のバッテリー消費量は約半分となり、充電なしで再生できる時間が延びているのもポイントとなります。

 

AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑超高解像度の動画がバッテリー消費を抑えて再生可能。
AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑60fps以上でもプレイバックがスムーズに。

 オンラインゲームに関しては、グラフィック機能としてRADEON R6/R7を内蔵。同価格帯でライバルとなるインテルのBroadwellとベンチマークで比較しても、高い数値となっています。400ドルから700ドルという低価格なノートPC向けのAPUながら、ゲームもじゅうぶん楽しめる性能となっています。

 

AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑3DMark 11での比較結果。CarrizoがBroadwellを圧倒。
AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑ゲーム中継用にプレイ動画をスムーズにエンコードして、ラグが少ないリアルタイムストリーミングが可能。

 Carrizoは4つのCPUと8つのGPUで構成されたAPUで、演算処理と動画性能を表すGFLOPsは800以上、さらにOpenCL 2.0をサポート。PCでの作業で処理が重い動画のエンコードや写真の編集といった作業が高速化されています。

 

AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑低価格PCでもAdobeのPhotoshopやPremiereといった動作のヘビーなソフトがサクサクと使えるようになっている。

 さらに新しい機能として“ジェスチャーコントロール”に対応。機能を利用するために特別なカメラ機能や専用ソフトが不要。PCの前で手をかざすことで操作できるので、ゲームのコントローラーなどにも使えます。

 

AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑ジェスチャーコントロール機能で、ハンズフリーPCを実現。

 CPUの出荷はOEMメーカー向けにはすでにスタートしており、東芝やレノボ、デルといったメーカーが採用しているとのこと。低価格かつ高性能なCarrizo搭載ノートPCの登場を期待しましょう。

 

AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑すでに出荷が始まっているので、搭載PCが店頭に並ぶのも近い。
AMD-Carrizo_COMPUTEX2015
↑6つのメーカーへの提供が公表されています。

●関連サイト
AMD CPU情報(英語)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking